精神安定剤の種類効果

デパスは、田辺三菱製薬が販売している、錠剤の精神安定剤です。

 

マイナートランキライザーと言う種類の薬で、効果が穏やかな事と、発売されてから長い年月が経過している事もあり、信頼性の高い薬と言って良いでしょう。

 

しかし、薬である事に変わりはありませんから、副作用の事も知っておいた方が賢明です。

 

妊娠中の方は、出来る限りデパスを服用しない方が良いでしょう。

 

どんな副作用が出てしまうか判らないからです。

 

どうしても服用する必要がある場合は、医師に体や胎児の状態を診てもらった上で、指示に従って服用するようにしましょう。

 

また、授乳中の方は、母乳にデパスの作用が混じってしまい、それが赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性が高いです。

 

授乳中は服用を中止するか、服用するのであれば、赤ちゃんには母乳ではなく粉ミルクを飲ませるようにした方が良いでしょう。

 

デパスを服用すると、副作用で太る、と思っている方もいるのではないでしょうか。

 

確かに、精神安定剤の中には食欲を増進させる効果を持っているものもあります。

 

しかし、デパスに関しては、「多少太ってしまう可能性があるかも知れない」と言う程度です。

 

他の薬と比べて、太ってしまう可能性は高くありません。

 

デパスの副作用には、健忘症と言う記憶障害を引き起こす可能性があります。

 

 

精神疾患にも、軽い症状の物や、重い症状が出るケースがあります。
このような場合、軽い症状ならば、その症状にあった精神安定剤を使い、重い症状ならば、やはりその症状を改善できるだけの強い精神安定剤をお医者様も処方することになります。

 

軽い睡眠障害やうつ病の症状が出始めているケースで使う精神安定剤にホリゾンやセルシンというものがあります、この精神安定剤は鎮静作用などが働き、不安や緊張状態を緩和して不眠症の状態などの改善に効果があるとされています。

 

この薬はてんかんやひきつけなどの精神疾患とは別の病気でも処方されることがあり、小児の場合坐薬として使用することもあります。
リラックス効果がある精神安定剤にバランスやコントールというものがあります。
これらは、不安感を和らげ、緊張感をほぐす作用があり催眠作用があるので落ち着いてぐっすり眠ることができ、不眠症も解消されます。
こちらも軽度の精神疾患に効果があると言われています。

 

この他に持続性が高く鎮静作用がある精神安定剤にメイラックスというものがありますこちらも精神的な不安の解消などに効くさようがありますが、持続時間が長く抗けいれん作用もあるとされています。
軽い精神疾患の場合、このような精神安定剤でかなり効果が出ることが多く、不眠症や精神不安などは早くて数日の服用で改善されることもあります。

 

中には精神疾患の症状が段々と思くなっていく人もおり、最初はよく効いていた精神安定剤も、強い作用の物に変えないと症状が改善されにくくなることもあります。
あまり強い精神安定剤に頼らなくてよいように、自分自身で改善する努力が必要です。

精神安定剤「デパス」とは

精神的な病気で心療内科や神経科を受診し、処方された薬の中に「デパス」という薬があったという人も多いでしょう。
精神的な病気の中でも、不安神経症やパニック障害などの場合は、不安感や緊張感を緩和し、精神安定剤の「デパス」を処方されることが比較的多いようです。
そのほかには、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肩こり、腰痛の場合に処方される場合があります。

 

精神的な疾患の場合、精神安定剤が処方され、いくつかの種類がありますが、どれも鎮静作用のほかに、不安感や緊張感を緩和する作用があります。
しかし、処方される薬によっては、副作用が強く出るものや長期的に使用するのが望ましくないものがありますが、デパスは、効果が高いわりに副作用も少なく高い効果が期待できるので、精神疾患以外の病気でも使用されることが多いようです。

 

デパスは、精神安定剤の種類の中でも「エチゾラム系」の薬で、抗不安薬として使用されることが多く、睡眠導入剤として処方されることがあります。
デパスは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の一つで、長く治療に使われている薬ですので、飲み始めに強い副作用がなければ、安心して使える薬です。

 

デパスは、0.5mg、1.0mg、顆粒の3種類があり、神経症、うつ病の場合は、成人で1日3mgを3回に分けて服用することが多く、心身症、頚椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛などの場合は、成人で1日1.5mgを3回に分けて服用することが多いようです。
また、睡眠障害で使用する場合は、成人で1日1~3mgを就寝前に1回服用しますが、年齢や症状によって、実際に服用する回数や量は異なります。

 

精神的な疾患によって、精神安定剤を飲み始めると効果が表れ、精神的に安定した生活が送れるようになりますが、依存性が現れると「薬がないと不安」いう薬物依存症になってしまう場合もあるので、服用は、医師の指示に必ず従いましょう。

精神安定剤~ソラナックスの副作用とは~

ソラナックスは精神安定剤の一種です。

 

抗不安薬に分類され、ベンゾジアゼピン系の薬剤になります。

 

コンスタンという名称の精神安定剤と成分は同様であり、製造元が異なっています。

 

どちらも精神状態からくる不安を和らげる薬です。

 

■ソラナックスの効果
即効性の得られやすい精神安定剤として知られています。

 

不安感に対してならば、用いてから30分程度で解消してくるはずです。

 

ただ、薬効があまり続かないため、効果を持続させようと思ったら頻繁に服用してしまうケースがあります。

 

薬剤の血中濃度が最も高くなるのは、用いてから2時間後だと言われています。

 

これは服用時の状況によっても異なり、14時間くらい経過してから効果がピークに達することもあります。

 

こうした性質から、精神安定剤のなかでも依存しやすい性質があると言われています。

 

■ソラナックスが効く病気
心身症の諸症状を軽減させます。

 

体の症状、不安、うつ、緊張、睡眠障害などを和らげます。

 

筋弛緩作用はそれほど強くはありません。

 

■ソラナックスの副作用
精神安定剤のなかでは、依存性が強めで、眠気、倦怠感、禁断症状など、複数の副作用のリスクがあります。

 

一番の副作用は依存性だと言われているので、長期的に服用するのは好ましくないとされます。

 

服用するときは、医師の指示を守ったうえで用いることになります。

 

継続服用が好ましくない場合は、一時的な不安症状を解消するために活用されることもあります。

メジャートランキライザーの効果

精神安定剤といわれる物は殆どがメジャートランキライザーになります。

 

重度の精神疾患などに処方される精神安定剤は必ずと言っていい程メジャートランキライザーになります。

 

では、メジャートランキライザーがどういったものなのかを見てみましょう。

 

メジャートランキライザーには種類があります。

 

「定型抗精神病薬」、「非定型抗精神病薬」の2種になりますが、非定型抗精神病薬の方が新しく開発された薬になり、副作用も比較的少なくなっています。

 

メジャートランキライザーを服用すると、脳の中枢神経に直接作用して、脳から出されているドーパミンやセロトニンと言う物質を遮断され、脳の状態が安定する効果があります。

 

メジャートランキライザーの効果は、統合失調症を緩和し、不安状態、鬱状態、不眠等の症状を緩和します。

 

また、嘔気、しゃっくり等の症状を緩和したりする効果もあります。

 

医師の処方箋で処方してもらう医薬品になりますので、副作用もあります。

 

重度の副作用では、糖尿病を引き起こしてしまう可能性もありますので、メジャートランキライザーを服用している場合には、定期的に血糖値の検査を受ける必要があります。

 

現代社会はストレス社会と言われるほど多くのストレスがあります。

 

全ての人が、それらのストレスを上手にコントロールできるわけではありません。

 

中には自分の許容量を超えるストレスを受けて、精神を病んでしまう方もいます。

 

メジャートランキライザーはそうした方の治療のために使われるものです。

精神安定剤~レキソタンの効果とは~

レキソタンは精神安定剤の一種です。

 

リラックスをつかさどる神経(BZD受容体)と結合することで、精神を落ち着かせる神経に作用するのです。

 

精神安定剤のなかでも、抗不安薬としての位置づけが高くなっています。

 

■精神安定剤レキソタンの効果
・抗不安作用
緊張や不安を抑制するものです。

 

神経や気持ちが落ち着かないときなど、鎮静作用を含むレキソタンは非常に効果的です。

 

同様の働きを持っている精神安定剤は多いですが、催眠作用による副作用で飲むのがつらくなる人もいます。

 

レキソタンに関しては、催眠作用が出にくいと言われています。

 

・筋弛緩作用
人間は緊張すると、どもったり落ち着きがなくなったりします。

 

レキソタンの筋弛緩作用は、筋肉の緊張を和らげてくれる重要なものです。

 

突っ張りが解消するだけでも、服用する意味があります。

 

筋肉が楽になると、肩こり、偏頭痛なども楽になるでしょう。

 

ほかにも、神経性の痙攣(けいれん)・不安を和らげる、うつ病の諸症状、強迫観念、恐怖などを軽減する役割もあります。

 

・レキソタンの副作用
レキソタンは精神安定剤のなかでも副作用が弱いと言われています。

 

長期連用、過剰摂取などにより副作用が出ることはありますが、用量を守って服用しているぶんには問題ありません。

 

副作用よりは、体や精神の症状を解消でき、不眠などが楽になるので服用するメリットのほうが大きいと言えます。

 

精神安定剤のなかでも一般的に広く用いられており、安心感の高い薬だと言えます。

 

 

レキソタンは精神安定剤の一種です。

 

トランキライザー(抗不安薬)として使用することもあります。

 

その効果は、精神を安定させてリラックスさせるものです。

 

緊張・不安などを解消し、安心感を与えてくれます。

 

精神安定剤としての作用もそれほど強くはないため、使いやすい薬だと言われています。

 

■レキソタンを服用する人とは
多くの精神疾患に処方されます。

 

うつ病、神経症、心身症などに使われるのが一般的のようです。

 

心身症による体調不良は、自律神経が崩れることが要因だとされます。

 

自律神経が精神を不安定にし、胃痛・生理不順・高血圧などに発展するのです。

 

自律神経の乱れからくる病気は、自律神経失調症、不安症、更年期障害、パニック障害、うつ病、心身症、神経症などがあります。

 

筋弛緩作用を有するレキソタンは、痛みを和らげるためにも活用されます。

 

肩こり、頭痛などを解消するために処方されます。

 

レキソタンは、マイナートランキライザーと呼ばれる精神安定剤に分類されます。

 

用途が数多く、さまざまな疾患の予防・解消のために利用されます。

 

副作用が弱いため、精神安定剤に不安を感じる人でも服用していることがあります。

 

■レキソタンの効果の持続
飲んでから1時間くらいで効果が体感できます。

 

その後、6~20時間くらい効果が続くとされます。

 

レキソタンは副作用が弱く、眠気もあまり出ないので、自動車を運転する仕事に従事している人にも飲みやすい精神安定剤です。

 

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入