精神安定剤と抗うつ薬とはどのように違うのか?

精神疾患の患者さんには精神安定剤が処方されることが多いのですが、それと同時に抗うつ薬が処方されることもよくあります。
精神安定剤も抗うつ薬も、同じような作用だと思われている方も多いでしょうが、この二つには大きな違いがあります。

 

精神安定剤は極度の緊張状態を緩和したりストレスを感じにくくする作用があり筋弛緩効果により、体もリラックス状態になります。
この精神安定剤の大きな特徴として脳に直接働きかけ、素早く効果が表れるところがあります。
薬にもよりますが、服用して約30分ほどで作用するものもあるのです。

 

これに対し抗うつ薬はうつ状態の精神を改善するもので即効性はありませんが、悪い精神状態に陥るうつ状態を改善する作用があり、精神安定剤と同時に服用することで精神的に安定した状態になるのです。
精神安定剤は効能が現れやすい為、服用を続けると少しの量では効きにくくなることもあり、決められた容量を越えて使ってしまうケースが多く見られることもあります。
そうなると長い期間ずっと精神安定剤を飲み続けなければならなくなる為、お医者さんの言われる用法や用量を良く守って服用することが第一になります。

 

精神安定剤を服用している状態から早く脱出するように心がけ、自分でも改善するように色々な工夫をすることが重要になります。
ストレス解消やうつ病の改善の為に、普段しないような体験をすることも精神安定剤や抗うつ薬を飲むより良いことなのです。

 

 

メンタルな疾患の薬にも色々な種類があります。

 

比較的、良く知られているのは精神安定剤ではないでしょうか。

 

精神安定剤は、抗不安薬とも呼ばれています。

 

抗不安薬は、脳の視床下部に作用し、自律神経を安定させて、心身の緊張を緩和させ、気持ちをリラックスさせる効果があります。

 

上記の抗不安薬はマイナートランキライザーと呼ばれる、弱力精神安定剤と言う薬です。

 

これに対して、強力精神安定剤の抗精神薬は、薬の作用が強い事も確かですが、副作用も強く出てしまう事が懸念されます。

 

精神的にも行動的にも変化が生じる場合があるので、医師の指導の元で用法、容量をきちんと守った上で服用するようにしましょう。

 

しかし、弱力精神安定剤である抗不安薬ならば、服用していても心身共に影響が出るほどに作用は強くありません。

 

それでも、心身の緊張を緩和したり、不安感を取り除いてくれたりする効果を得る事が出来る事に変わりはありません。

 

抗不安薬にも色々な種類があります。

 

効果のレベルだけでも、弱・中・強と分類され、症状に合わせた抗不安薬が処方されます。

 

初めて服用する人の場合は、人によって眠気や体の怠さ等、軽い副作用が出てしまう事もあるかも知れません。

 

しかし、体が副作用に慣れて来れば、薬の効果を実感出来るようになるでしょう。

 

もしも、時間が経過しても副作用を感じ、本来の効果も感じられないようであれば、自己判断で絶薬するのではなく、医師に相談して別の薬を出してもらうようにした方が良いでしょう。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入