精神安定剤と食べ物の組み合わせについて

精神疾患などによって、精神安定剤は精神的な不安感や緊張感を取り除いたり、身体の筋収縮を緩和したりする作用がありリラックスした状態を保つ効果が期待できます。
また、薬によっては、緊張状態になると眠気を誘うようなものもあります。
現代は、世代や男女に関係なく、精神疾患を患っている人が増えており、身体的には問題がなくても、慢性的に疲労やストレスがたまり、精神的に不安定な生活を送っている人が多いようです。

 

精神疾患を患い、精神安定剤を飲み始めたときはふらつきや頭痛、眠気、倦怠感を感じることが多いようですが、飲み始めてしばらく経過するとこれらの初期症状は緩和されていき、日常に支障をきたすことが少なくなります。
そして、精神安定剤を飲み始めたときに注意したいのが、アルコールの摂取です。
アルコールの摂取は、酩酊状態になりやすく、これにプラスして精神安定剤を服用していると、精神安定剤の神経を抑制する働きが重なって、精神安定剤の効き目が強く出る場合があり、呼吸困難や意識障害を招く危険性があります。
ですから、アルコールの摂取はできるだけ控えた方がよいでしょう。
また、薬をお茶などで服用する人がいますが、薬を飲むときは必ず、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

 

このほかの薬ではカルシウム拮抗薬は、グレープフルーツジュースに含まれる成分が体の中で組み合わさると、分解酵素作用を抑制してしまうので、この組み合わせは薬の作用が強く現れるので、避けなければなりません。
また、てんかんのけいれい抑制薬や高血圧の薬を服用している場合もグレープフルーツ100%のジュースは飲まないようにしなければなりません。

 

それから、血液をさらさらにしている薬を飲んでいる場合は、止血効果が期待できる成分が含まれている納豆やブロッコリーを食べると血液をさらさらにする薬の効果が弱まってしまうので、この組み合わせも避けなければなりません。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入