精神安定剤と睡眠薬の類似点

精神安定剤と睡眠薬は非常に似通っています。

 

精神安定剤は、不安感を抑制し、リラックスできるように作用します。

 

精神安定剤の効果には、抗不安作用、筋弛緩作用、催眠作用が含まれ、副作用の一つとして眠気があります。

 

体をリラックス状態にする事で精神的な不安感を取り除きます。

 

対して睡眠薬ですが、睡眠薬にも同様に抗不安作用、筋弛緩作用、催眠作用と言う3つの作用が有ります。

 

睡眠薬を服用する事で薬の成分が血液の中に取り込まれ、睡眠薬の作用が現れて来る様になります。

 

上記の説明を見て分かるように、精神安定剤や抗不安薬は、睡眠薬で作用が出る状態が持続する様に作られている薬になります。

 

睡眠薬は不眠症などの方に処方される薬になります。

 

不眠症になる原因は人によって様々ですが、主に精神的な事に関する原因が多く、ストレスが心身共にかかってしまい、身体が緊張したり精神的に興奮状態になってしまったりして眠れなくなってしまう等になります。

 

興奮状態や不安状態に陥って睡眠を阻害されますので、睡眠薬を服用する事で状態を緩和し、睡眠を取りやすい精神状態に導きます。

 

精神安定剤も同様の効果がありますから、精神安定剤と睡眠薬のどちらを使うかは、医師に相談をした上で決めるといいでしょう。

 

両方とも飲んだらグッスリ眠れるのではないかなど安易に服用してしまうのは依存症などの危険もありますから、素人判断で服用はせずに、しっかりと医師に相談をして、服用を決める必要があります。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入