あがり症の治療には精神安定剤

あがり症と言うのがあります。

 

病気ではありませんが、人前に出ると極度の緊張状態になり、上手に話せなくなったり、赤面してしまったりと言った状態になります。

 

この症状を緩和するのにも精神安定剤が使われます。

 

あがり症の治療には精神安定剤を使います。

 

あがり症の治療で使う精神安定剤にはSSRIと言う種類の薬が処方され、主に抗うつ剤にも使用されています。

 

抗うつ剤として使われる精神安定剤になりますが、SSRIは即効性はなく、服用から2週間程かけて効果が現れます。

 

副作用は軽い眠気など他の精神安定剤に比べて軽い副作用になっていますから、安心して使う事が出来ます。

 

出来るだけ早くあがり症を改善したいと言う場合には、ベンゾジアゼピン系の精神安定剤が処方されます。

 

SSRIとどちらの精神安定剤を使うかは医師と相談をした上で決めるようにしましょう。

 

時間をかけても副作用が少ないほうが良いと言う場合にはSSRIを服用するといいでしょう。

 

ベンゾジアゼピン系の精神安定剤の副作用もSSRIと同様に眠気になりますが、SSRIよりも強い眠気になりますので、ベンゾジアゼピン系の精神安定剤を服用している場合には車の運転などは控えた方がいいでしょう。

 

あがり症は日常生活には余り支障のないものです。

 

しかし、赤面症など人前に出た時に顔が赤くなる症状などは人によっては恥ずかしく、折角のきっかけも台無しにしてしまう可能性があります。

 

緊急的な治療の必要はありませんが、治せるなら治しておいて損はありません。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入