睡眠薬の効果と副作用

精神安定剤には、鎮静作用と催眠作用と言う2つの効果があります。

 

2つの効果のうち、催眠作用が強く働くものを睡眠薬として用いるのが一般的になっています。

 

ここでお話しする睡眠薬とは、精神安定剤の一種である事をご了承下さい。

 

睡眠薬で重要なのは、服用する時間と効果の持続性だと言われています。

 

2~3時間効果を発揮するものと、長時間効果を発揮するものがあり、睡眠障害の症状の度合いによって、処方される薬が違っています。

 

長時間効果を発揮するものを夜遅い時間に服用してしまうと、朝になってもなかなか目覚める事が出来ず、日常生活に支障をきたしてしまう可能性があるばかりか、夜になっても眠る事が出来ずに、更に薬を服用しなければならないと言う、悪循環に陥ってしまう可能性があります。

 

服用する時は、服用時間と効果が持続する時間を考慮するようにしましょう。

 

睡眠薬を飲みすぎると、薬物依存になってしまったり、死んでしまうのではないかと言うイメージや誤解を抱いている人も多いようですが、実際はそうではありません。

 

もちろん、睡眠薬の乱用はあらぬ状況を作り出してしまったり、内臓の機能に悪影響を与えてしまう事もある為、絶対にしてはいけません。

 

しかし、睡眠薬は、用法や容量をきちんと守って服用すれば、睡眠障害等を解消してくれる良い薬です。

 

医師からの指導を守って利用していれば、問題が起こる事は無いと言って良いでしょう。

 

安心して服用して下さい。

睡眠薬とはどんなものだろうか?

色々な精神安定剤の種類の中に睡眠薬も入っているのですが『良く眠れる』という事以外、睡眠薬という薬のことを良く知らないというのが現状です。
睡眠薬には即効的な睡眠効果が得られるハルシオンや副作用が少ないと言われているベンゾジアゼピン、長時間の睡眠を持続すると言われているインスミンまで色々なものがありますが、副作用が起こることがあり、用法や用量をキチンと守って正しく使わないと、大変なことになるケースも見受けられるのです。

 

特に効果が高い精神安定剤や睡眠薬は犯罪に用いられることもあるため、薬の管理にも注意が必要で、間違って他の人が飲んでしまった場合などは、いつまでも目が覚めなかったりと大変な事態になることもありますので病院などにはちゃんと説明することが重要です。

 

また、長期間睡眠薬を服用すると、睡眠薬なしでは眠れなくなる患者さんも多数見受けられる為、毎日服用するのではなく、どうしても眠れないときだけ睡眠薬を使う、といったような使い方をした方が体の為にも良いようです。
睡眠薬を飲んで無理やり眠るということは、健康に良いことでは決してありません。

 

自分の体を大切に思うならば睡眠薬なしでも眠れるような環境作りが重要になってきます。
適度や運動や睡眠環境の改善、寝具を変えたりするだけでも精神的にリラックスしてぐっすりと眠れる環境にグンと近づけるのです。
精神安定剤や睡眠薬はあくまで補助的なものだと考え、このような工夫をするように心がけてみましょう。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入