薬の意外な依存を知ろう

うつ病、慢性的ストレスなど、精神的に何か病気をお持ちの方は、何かしら精神安定剤を飲む機会があると思います。

 

しかし心配されるのが、精神安定剤を服用する事で起こるリスク・・・要するに依存症です。

 

ここではそんな精神安定剤の依存症についてご説明していきます。

 

精神安定剤の依存症には、身体に対して出てくる依存症と精神に対する依存症の2種類に大きく分ける事が出来ます。

 

最初にここで言う身体に対する依存についてお話していきます。

 

精神安定剤を服用していたのに急に止めると、身体に禁断症状が現れてしまう事があります。

 

例えば精神安定剤を止めた事で引き起こされる頭痛、吐き気などが代表的です。

 

次に精神への依存についてですが、精神安定剤を飲んでいる時は精神安定剤を飲んでいるという事実のお陰で症状が治まっていると言う安心感があると思います。

 

しかし精神安定剤の服用を止めた事によって、いきなり不安が押し寄せてきたりすると思います。

 

例えば抗不安薬などを服用している人ならご存知だと思いますが、精神に対する依存性がかなり高い確率で出てきます。

 

精神安定剤は種類によってある程度どのような依存性が出てくるか予測が出来ます。

 

よって精神安定剤を服用する際には、医師からどのような依存症が出やすいのか事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

 

また間違えても自分の症状とは関係の無い精神安定剤を飲まないようにしましょう。

 

場合によってはとても怖い依存症にかかる可能性があるかもしれません。

精神安定剤の依存性の怖さ

精神安定剤と聞くと、気持ちが不安定なときに飲む薬と言うイメージがあると思います。

 

そして精神安定剤にも強弱があり、抗うつ薬は欝に、抗精神病薬はストレスに対して飲んだりするなどの症状には比較的症状の軽い精神安定剤を服用します。

 

これらの薬の多くは、基本的に依存性が無いと言われています。

 

しかし、精神科病院などで処方されている精神安定剤の中でも抗不安薬、睡眠導入剤などには副作用があることが認識されています。

 

これらの精神安定剤を長期間に渡って服用をしていると、徐々にですが依存性が出ると言われています。

 

長期的に服用すると、身体がその効果に慣れてしまい、徐々に効果自体が弱まってしまうのです。

 

当然ながら、長期間に渡って使用すればするほど、自然と服用する量が増えてしまいます。

 

それにより結果的に依存症状態になってしまいます。

 

しかしそこで精神安定剤の服用を中止してしまうと、離脱・禁断症状が強く出て来てしまう可能性があります。

 

一般的に抗不安薬を長期間服用すると止められなくなる可能性が高くなるので、そうなる前に飲むのを辞める・・・と考えるかもしれません。

 

確かにこれはつらいですが、間違った方法ではありません。

 

例えば麻薬などでも同じですが、軽い気持ちで始めたのに徐々に効果が薄くなってしまい、もっと効果の強い覚せい剤、コカインなどに手をつけてしまい、そのまま帰らぬ人になってしまう人もいるのです。

 

精神安定剤の使用は犯罪ではありませんが、同様に怖い依存症があるのは確かなのです。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入