精神安定剤を服用する時の注意点

精神的な疾患によって、精神安定剤を服用するようになったときは、薬の用法、用量のほかにどのような作用、副作用があるかしっかりと主治医に説明を受けるようにしましょう。

 

精神的な疾患の場合は、内科系の病気や怪我などと違い、完治する具体的な目安がありません。
また、病状を判断する目安も本人が感じている不調によって、医師が判断しますので、どのような状況か正確に説明しなければなりません。
これによって、適切な薬の服用が指示されます。

 

精神疾患に使われる薬は、精神の不安や緊張を緩和する精神安定剤の処方が行われ、病状によって服用する回数や量が指示された通りに薬を飲み続けることになります。

 

精神安定剤を飲み始めると、倦怠感や強い眠気などを感じる場合があります。
また、中には体に発疹が現れることがありますが、薬によりアレルギーが心配されますので、服用を中止しすぐに医師の診察を受け、必要であれば別の種類に精神安定剤を処方してもらいましょう。
そのほかには、処方された薬を飲んで、どのような変化があったメモなどに残しておき、医師に相談し、副作用がみられる場合は別の種類の薬を処方してもらうようにしましょう。

 

精神安定剤を服用するときの、年齢を重ねており、加齢とともに体も衰えているので、薬に順応できない場合もあります。
また、加齢によって、別の病気の薬を服用している場合は、医師に飲んでいる薬を伝え、飲み合わせの悪い精神安定剤がないか、よく確認しましょう。
それから、精神安定剤は、ある程度継続し手のみ続けなければ症状が改善されない場合があるので、飲み忘れがないように服用の記録をつけたり、家族に協力してもらったりして、飲み忘れがないようにしなければなりません。

上がり続けている精神安定剤の服用率

現在、精神安定剤を含めた、いわゆる精神薬を必要としている人が多くいますし、今後も増え続けて行くだろうと予測されてもいます。

 

精神薬を利用している人の8%が精神安定剤を必要としていると言うデータもあり、深刻な状況である事がお判りいただけるでしょう。

 

精神科や心療内科で治療を受けている場合、当然の事ながらメンタルな疾患を抱えている人が大半でしょう。

 

メンタルな疾患の場合、薬による治療が行なわれるのが殆どです。

 

どのような薬を使う場合でも、副作用の無い薬は存在していない、と考えておいた方が良いでしょう。

 

メンタルな疾患を抱えている人の場合、ストレスや精神的ショック等、心に傷を負っている人が多いので、薬に頼らざるを得ない事も確かです。

 

長期間の服用を続けていると、副作用として、弱い薬に変えた時や絶薬した時に離脱症状(依存や禁断症状等)が起こったり、睡眠障害が起こってしまう恐れがあります。

 

現在、精神的ストレスや疾患を抱えている人が沢山います。

 

精神安定剤の服用率が上がってしまうのもやむを得ないのかも知れません。

 

しかし、投薬治療だけが症状を改善する方法ではないのです。

 

カウンセリングを受けたり、体調の良い時は、同じ病気で苦しんでいる人と交流する等、別の方法もあります。

 

薬はあくまで、サポート的なものと考え、自分に出来る事を少しずつ行なって行く事が根本的な治療にも繋がります。

 

諦めず、希望を持って治療を続けて行きましょう。

精神安定剤で「太る」という副作用はあるのか?

現代は、強いストレスを感じて精神的な疲れを抱えている人が増えているようです。
また、日常的に忙しいので、ストレス発散がうまくいかず、心療内科や神経科を受診し、精神安定剤を服用している場合もあるようです。

 

心療内科や神経科などで処方される精神安定剤は、精神的に不安を抱えている状態を緩和し緊張状態をほぐしたり、不安感をなくしたりする役割があります。
精神安定剤といっても、いくつかの種類があり、患者の症状にあわせて使用されます。
精神安定剤の中でよく使われている薬に「デパス」があります。

 

デパスは、神経症やうつ病、心身症のほかに、肩こりや腰痛の場合でも処方される薬で、抗不安や鎮静、催眠、筋緊張緩和作用などがあり、心身症のほかにも、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの内科系の病気の場合でも使用されることがあります。
内科系の病気の場合は、症状が改善され不安症などがなければ、デパスの使用は中止されます。

 

しかし、神経症やうつ病、不安症などがある場合は長期間服用する場合があります。
すると、副作用が心配になりますが、出パスは、比較的副作用が少ない薬で、飲み始めなどに、強い眠気やふらつき、倦怠感などを感じるようですが、飲み続けていると、体が慣れてくるので副作用による症状が見られなくなります。

 

そして、デパスを飲んでいると、「太る」という意見があるようですが、デパスそのものの副作用ではなく、デパスを飲んだことによって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状が緩和されたり、不安感や緊張感が薄くなったりしたことによって、食欲が増進されたためであると考えた方が自然でしょう。

 

精神安定剤であるデパスを飲んで、「太った」という意見が、少数意見で飲んでいる人がみんな太ったというものではありません。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入