増えている子供のうつ病

うつ病と聞くと、多くの人は大人だけの症状だと感じるようです。

 

しかし、子供がストレスを感じないわけではありません。

 

親が子供の将来にこだわるあまり、勉強するように押し付けたり、遊ぶ時間を奪ったりすると、次第にストレスが強くなっていきます。

 

こうした親が多くなったためか、子供のうつ病は確実に増えていると言われています。

 

大人のうつ病と比べ、子供の場合は体調として表れやすいようです。

 

腹痛・頭痛・だるさ、などを感じるようになったら、ストレスを抱えていると考えてよいでしょう。

 

本来、子供は運動や遊びなどで疲れることは少ないため、子供が疲労を蓄積させている場合は、ストレスが要因である可能性が高いと言えます。

 

子供のうつ病がやっかいなのは、自覚症状に気づきにくいことです。

 

みずからの気持ちを的確に伝達できないことが多いことと、表情が変わりにくいことが要因としてあげられます。

 

そのため、周囲の人が気づくことは少なく、ちょっと元気がないと感じるくらいにとどまるようです。

 

症状が出始めた場合、当初は怠けていると感じられることが多いようです。

 

しかし、やる気のない行動だけでなく、好奇心が低下していたり、食欲がなくなったり、腹痛・頭痛などを何度も引き起こしたりするようなら、かなりうつ病の可能性が高いと考えてよいでしょう。

 

そのまま放置すると、学校へ行かなくなるケースも多いので、異変に気づいた時点で、受け持ちの先生、カウンセラー、医師などと話し合うことです。

子供のうつ病が増加

 

最近は、親の意向で、子どもに過度の期待をかけるようなケースが多くなって、子どもも様々なストレスを抱えるようになったためか、子どものうつ病が増加しているとして注目を集めています。

 

もはや、うつ病は大人だけのもの病気ではなくなっています。
うつ病はこころの病気ですが、子供の場合のうつ病は、大人の場合とは異なって、うつ病の症状の現れ方は、体の不調、変調が起きます。
「お腹が痛い」「頭が痛い」「体がだるい」などの、体の不調が現われることが多いと言われています。

 

さらに、問題なのは、子供は、大人のように、自分の心の中の気持ちを上手に表現して伝えることができません。
また、子どもは、大人よりも表情の変化が起こることが小さいので、大人から見ると、少し元気が足りない程度にしか感じられないことがあります。
うつ病の症状が出ても、一時的な疲れや、怠けた気持ちからくるものだと間違って判断しかねません。
後になって、これがうつ病のサインだったということがあります。
この場合は、うつ病を進行させてしまっていることになります。

 

家庭内で、何もしないでいる、食欲をなくしている、頭やお腹の痛みを頻繁に訴えるというようなことがあれば、うつ病と疑って見ることも必要かもしれません。
少なくとも、心の中に何かモヤモヤした吹っ切れない感情があると考えて早めに対応が取れるようにすることが必要です。
大人の知らないところで、ストレスや不安などを強く感じている可能性があります。
子どもの変調を感じたら、最悪は、不登校となってしまうケースもありますから、学校の先生や医師、カウンセラーに早めに相談することも必要です。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入