仮面うつ病には速やかな対処を

うつ病の一種に「仮面うつ病」があります。

 

この症状は、初期の目安として、肩こり・頭痛・胃痛などが表れます。

 

体の不調がほとんどなので、うつ病と判断することが極めて難しい症状です。

 

精神的な問題点もあまり見られないため、気づくのが遅くなることが多いようです。

 

隠れうつ病とも言える症状であり、「たんに体の不調と思って見過ごしていたら、実はうつ病だった」というケースが多々あります。

 

周囲の人から見た仮面うつ病の症状は、悪く捉える人のほうが多いようです。

 

仕事の手を抜いて怠けているように感じられるため、だらしない・やる気がない、
などの悪いレッテルを貼られることもあります。

 

しかし、仮面うつ病は病気の一つとして認められているのです。

 

精神疾患のうつ病は、焦り・不安・自傷行動、自殺願望などがよくある症状です。

 

こうした症状の代わりに、腹痛・頭痛・不眠などが見られます。

 

自分も周囲もたんなる体の不調と考えてしまうので、うつ病の発見が遅れるのです。

 

仮面うつ病を治すには、医療施設での治療が最も適しています。

 

まずは体の諸症状を解消するための治療を施します。

 

痛みを和らげたり、不眠を解消したりし、体の不調が解消されてくると、
うつ病本来の症状が出るようになることがあります。

 

体の不調を解消するために内科を訪れても、ほとんど改善しない場合は、
うつ病が潜んでいる可能性があると認識し、精神科や心療内科などを訪れることも視野に入れましょう。

 

 

仮面うつ病は治療が遅れるので注意が必要
仮面うつ病とは、言葉のとおり、仮面を被ったうつ病のことです。
少し分かり難いですが、うつの初期段階には、精神的な症状である気分の落ち込みなどがあまりはっきり現れずに、頭痛、肩凝り、胃痛といった身体的な症状が現れることがあります。
この状態は、身体的な症状の背後に、うつ病が隠れている、またうつ病が身体的な症状という仮面をかぶっているという意味で「仮面うつ病」と呼ばれます。

 

仮面うつ病と言う言葉だけから判断すると、うつ病とみせかけて、仕事などをサボっているような怠け者の悪いイメージを持たれたり、うつ病の患者がうつ病を無理して隠しているようなイメージがありますが、仮面うつ病はキチンとしたうつ病の一つなのです。

 

うつ病に特徴的に見られる不安や焦り、自傷行動、自殺願望などの精神的な症状が目立たないで、頭痛や腹痛、体の痛み、不眠などの身体的な症状が目立つのが特徴です。
身体的な苦痛が続くため、仮面うつ病と分からずに本人も、周りも、身体的な病気と判断してしまい、うつ病の治療を怠るのでうつ病が重症化しています。

 

仮面うつ病の治療は、体の苦痛を取り除く治療が最初に行われます。
不眠を訴える患者には、睡眠薬の投与などの治療が並行して行われます。
治療によって、身体的な苦痛が緩和されると、精神的な症状が強く現れることがあります。
そのため、状況によって抗うつ薬などの薬の処方も行われます。

 

身体的な不調、変調、痛みなどが内科などの医療機関を受診しても、原因が不明な場合は、その背後にうつ病が隠れている可能性も考えられるので精神科や心療内科などの専門機関に見てもらうことも必要です。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入