うつ病の症状の種類記事一覧

dummy

大きくは2種類に分類されるうつ病の症状うつ病には、症状の現れ方、原因の違いによって、大きくは2つに分類されています。1つは「単極性うつ病」と呼ばれています。もう1つは「双極性うつ病」と呼ばれています。この2つには、うつ病の起こる原因がことなっているので、治療法もことなっています。ます、最初の「単極性うつ病」とは、うつ病の中でもっとも一般的で多くの人が、このタイプのうつ病と言われています。症状は、気...

dummy

憂うつな気分に悩まされるだけで、うつ病というわけではありません。自分の意思では心身のコントロールがつかない状態になってしまうのが、うつ病なのです。医師でも見抜けない場合があるほど、うつ病かどうかの判断は難しいものです。例えば、過労やストレスが顕著な人がなりやすいうつ病に、仮面うつ病があります。名前も誤解を抱かれやすいのですが、この病気はやる気が出ない、集中できないなどの気持ちの問題より先に肉体的な...

dummy

うつ病を男女比で見てみると、女性のほうが男性よりも多い傾向があります。これはホルモンバランスも関係していますが、いずれにしても男性にも頻繁に見られる症状なので軽視するのは危険です。男性のうつ病で多いパターンは、ストレスを感じやすい時期に集中しているようです。中年を過ぎると、会社でも重役に就くことが多くなり、家庭では子どもの教育費・住宅ローンなどによる負担が増すころです。そのうえ、近年の不況も関係し...

dummy

ここでは、「非定型うつ病」と呼ばれる症状について説明しましょう。このうつ病は、女性(20~30代)によく見られる症状です。男性と比較し、その発生率は3~5倍にもなるとされます。非定型うつ病にかかる人は、昔はそれほどいませんでしたが、最近では少しずつ増えているようです。■非定型うつ病の特徴1 自分の趣味などを楽しんでいるときは症状が出ないうつ病といえば、不安感を常に感じるのが普通ですが、非定型の場合...

dummy

うつ病の一種に「仮面うつ病」があります。この症状は、初期の目安として、肩こり・頭痛・胃痛などが表れます。体の不調がほとんどなので、うつ病と判断することが極めて難しい症状です。精神的な問題点もあまり見られないため、気づくのが遅くなることが多いようです。隠れうつ病とも言える症状であり、「たんに体の不調と思って見過ごしていたら、実はうつ病だった」というケースが多々あります。周囲の人から見た仮面うつ病の症...

dummy

うつ病と聞くと、多くの人は大人だけの症状だと感じるようです。しかし、子供がストレスを感じないわけではありません。親が子供の将来にこだわるあまり、勉強するように押し付けたり、遊ぶ時間を奪ったりすると、次第にストレスが強くなっていきます。こうした親が多くなったためか、子供のうつ病は確実に増えていると言われています。大人のうつ病と比べ、子供の場合は体調として表れやすいようです。腹痛・頭痛・だるさ、などを...

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入