うつ病の診断に役立つチェックシート

チェックシートを利用してうつ病の診断が可能です。

 

これらのチェックは「設問」と呼ばれており、いくつかのタイプがあります。

 

 

そのなかでも、「DSM(精神障害の診断と統計のマニュアル)」は、アメリカの精神医学会が手がける信頼性の高い設問です。

 

1952年に初版が誕生し、いま用いられているタイプは「DSM-Ⅳ(第四版)」になります。

 

以下で、その概要を紹介していきます。

 

 

1 憂うつな気分が2週間以上継続している。

 

普段の生活において、常に憂うつになるのが特徴。

 

 

2 やる気が起こらず、楽しくない生活が2週間以上継続している。

 

 

3 食欲の増減により、体重が5%以上(1か月あたり)も変化している。

 

 

4 なかなか眠られない、夜中に起きてしまうことが頻繁にある、常に眠たい状況が続く、などの症状が2週間以上継続している。

 

 

5 死や自殺について考えることが多く、自殺願望を持つケースがある。

 

 

上記に該当する項目がどの程度あるかにより、うつ病かどうかを判断します。

 

これらの設問は、かなり症状が重たいうつ病を対象としています。

 

 

症状が軽いとみなされる場合は、ICDと呼ばれる世界保健機構が作成するタイプが用いられます。

 

ICDの場合も、過去2週間の症状をチェックすることで、うつ病の診断をしていきます。

 

以下で、ICDのうつ病を診断する設問を紹介しましょう。

 

 

1 憂うつな気持ちになっている。

 

2 やる気が起こらず、物事が面白くない。

 

3 疲労を感じやすく、面倒だと思うことが多い。

 

4 集中力・注意力が低い。

 

5 自分に対して自信を持てない。

 

 

うつ病の診断はチェックシートで
うつ病の診断には、いくつかの設問からなるチェックシートが使用されます。
設問は毎日の精神的な気分を尋ねる項目が並んでいます。
チェックシートは数種類あって、もっとも有名なのは、アメリカの精神医学会が発行している精神障害の診断と統計のマニュアルである「DSM」です。

 

 

初版は1952年で、その後、改版が重ねられ、現在は第四版「DSM-Ⅳ」となっています。
設問には、以下のような内容が用意されています。

 

1.1日中憂鬱な状態が2週間以上続いている
2.やる気がなく面白くない状態が2週間以上続いている
3.食欲の変化により体重が1か月で5%以上増減している
4.寝付けない、1日中眠い、夜中に何度も目が覚めるなどの状態が2週間以上ある
5.死について考えたり、自殺したいと考えることが繰り返しある などがあります。

 

これらの項目の設問にいくつ当てはまるものがあるかで、うつ病の診断が行われます。

 

 

「DSM」のチェックシートは、重症化しているうつ病に有効と言われているため、
もう少し軽度のうつ病には、世界保健機構が作成した「ICD」が使われて、
うつ病の判断が成されます。

 

「ICD」のチェックシートも、DMS同様に最近2週間の状態を振り返ってチェックが行われます。

 

設問には、以下のような内容が並んでいます。

 

 

1.憂鬱な気分がある
2.やる気が出ない、楽しくない
3.疲れやすい、面倒だと感じる
4.集中力や注意力がなくなった
5.自分に自信がない

 

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入