うつ病の原因は何か

うつ病の原因はいくつか考えられていますが、個人によって何が原因で発病しているのかは違います。

 

また、原因とされていることが明らかにうつ病の元となっているのかどうかも、定かではないのが現状です。

 

脳内にある神経伝達物質に因果関係があることはわかっていても、今はまだそこまでの研究段階なのです。

 

ハッキリしているのは、一つだけの要因からうつ病が起こっているのではないということです。

 

多くの人が、環境的要因、遺伝的要因、身体的要因など複数の問題からうつ病を発しています。

 

環境的要因とは様々な人間関係による問題、身体的要因は脳血管障害やホルモン異常などの問題にあります。

 

慢性的に疲労している人なども、身体的要因からうつ病になる恐れがあります。

 

ただし、こうした問題を抱える人が全て、うつ病になるというわけではありません。

 

また、遺伝的にうつ病になりやすい人もいて、家系にうつ病だった人がいる場合は注意してみるといいでしょう。

 

いずれの問題が影響していても、うつ病には投薬治療が行われることがほとんどです。

 

うつ病の薬の効果はてきめんな場合が多いので、病院で治療を受ける場合に投薬なしでということはまずないでしょう。

 

 

うつ病の原因はいろいろ、最大の原因はストレス
うつ病を引き起こす原因は多種多様で、人によってそれが異なっています。
もっとも共通してあげられる原因にはストレスがあります。
ストレスは人によって受け取り方が異なっています。
ある人から見ると全くストレスにならないようなことも、別の人にはストレスとなってしまいます。
そして、このストレスは気が付かないうちにどんどん蓄積されていくこともあります。

 

仕事、家庭内の問題、友人関係、将来への不安などが、精神的なダメージとして、ストレスになり、そのストレスが非常に大きい場合、あるいは小さくても蓄積が進むと、それらがうつ病の原因になっていきます。
うつ病の原因の外的な原因がストレスとするならば、内的な原因としては、遺伝的要素があると言われています。
遺伝的な要素があるからと言って必ず発症するわけでないようですが、うつ病を患っている親がいる場合は、統計学的には、その子どもは、うつ病が発症する確率が高いということができます。
もし、そうであるならば、うつ病の病気を良く理解して、その症状が現れたときや、ストレスを感じるようであれば、早めに専門医の診断を受けるようにした方が良いでしょう。

 

また、うつ病の原因として、最近では、脳も影響しているのではないかと言われています。
神経の伝達物質である「セロトニン」と「ノルアドレナリン」が減少すると、精神的に不安定になり、うつ病が発症するのではと言われています。
尚、脳の伝達物質の減少は、タンパク質やビタミン、ミネラルなどアミノ酸が得られるような食生活を心掛けることで減少を防止できるといわれています。

環境変化がうつ病を促す

性格が前向きな人はうつ病になりにくいとされます。

 

うつ病には性格が大きく関連していますが、ほかにも環境変化も大きな要因です。

 

最も分かりやすい例は結婚でしょう。

 

結婚は想像以上に用意することが多いうえ、初めての行事ゆえの緊張もかなり大きいはずです。

 

楽しさ・期待感などが大きい反面、不安やストレスも相当にたまるものです。

 

 

また、新しく入学したり、就職したりする場合も、うつ病になりやすいタイミングだと言われています。

 

ほとんど知らない人と接することになるため、人間関係における不安もあるでしょう。

 

不安によるストレスは、うつ病の一大要因になります。

 

精神疾患ゆえに、疲労よりもストレスのほうが大敵なのです。

 

 

うつ病の一つと言われているのが「五月病」です。

 

春に入学・入社し、初めての環境のなかで生活し、それらのストレスが表に出てくるのが5月だと言われています。

 

特に周囲の環境になじめない人は、かなりのストレスを蓄積しており、うつ病のリスクが高いと言えます。

 

また、子どもの巣立ちも一つの要因のようです。

 

 

今まで家にいた子どもが、就職・結婚などを機にいなくなると、心のよりどころがなくなり、
うつ病になるケースがあるようです。

 

過保護に子どもを育ててきた親の場合、特にうつ病になりやすいとされます。

 

本来、子どもの巣立ちは喜ぶべきことですが、それをマイナスに捉えてしまうことからも、
うつ病にはメンタルにおける要素が大きくかかわっているとされます。

 

 

環境変化が原因でうつ病になることも
大きな環境変化がうつ病を発症させることがあります。
人生にはいろいろな環境変化がありますが、その一つに結婚があります。
結婚の準備は大変忙しく、仕事の合間に結婚式の段取りを考えたりすることはかなり、心身面に負担をかけます。
このように楽しい、希望に満ちたことであってもうつ病の発症の原因となることもあるようです。

 

また、新入学、新社会人として出発も新しい学校や新しい職場など急激な環境の変化と新しい生活スタイルがはじまって、うまく新しい環境や人間関係がストレスとなって重くのしかかかってくることがあります。

 

五月病と言う脱力感は一種のうつ病ともいわれています。
そのほかには、結婚式の準備の後、いよいよ幸せな結婚生活に入っていきますが、その結婚がストレスになって、うつ病になるそうです。
何か、幸せな生活をスタートさせることが、気分を落ち込ませるうつ病のトリガーになるなんて、信じられないような気がします。

 

同じく、子どもの独立もうつ病のトリガーになるそうです。
こちらは、過保護気味の両親にとっては、ぽっかりと穴が開いたような気分になるので、落ち込む両親は出てくるのかもしれません。
しかし、本来なら、親から離れて独立していくのですから喜ばしくはあっても、悲しい、落ち込むことではないような気がします。
進学や結婚などで子どもが独立すると、急に家の中が静かになり、子どもにしてあげていたことがする必要がなくなって淋しさが出てくることを考えると母親がうつ病になる可能性が高いのでしょう。

うつ病の最大要因はストレス

うつ病の発症要因は人それぞれです。

 

多くの人に共通する要因には疲労とストレスがありますが、特にうつ病に影響を与えるのがストレスだと言われています。

 

ストレスの感じかたは、人によって大きな差があります。

 

ちょっとしたことを引きずる人もいれば、まったく気にしない人もいます。

 

人によっては、相当なストレスに感じることですら、本人はそれほどでもないと感じていることもあります。

 

ストレスの要因は、仕事、人間関係、家族とのトラブル、老後の不安などがあります。

 

ストレスの解消がうまくできないと、少しずつ蓄積していくことで、うつ病に発展するケースがあります。

 

こうしたストレスは、外的要因とも呼べるものです。

 

内的要因には遺伝的要素が関連しているとされます。

 

遺伝によって100%の確率で生じることはありませんが、親がうつ病であった場合、子どもがうつ病になるケースが多いとされています。

 

親がうつ病である場合は、自身のうつ病に対しても警戒する必要があります。

 

それらしい自覚症状が表れたら、早期のうちに医療施設で診断してもらうことです。

 

また、近ごろでは「セロトニン」と「ノルアドレナリン」などの神経伝達物質の分泌が減ることも要因の一つだとされています。

 

精神が安定しなくなると、脳内に悪影響をおよぼすことになり、うつ病のリスクを高めるとされています。

 

これらの予防には、日々の食事習慣のなかで、たんぱく質、アミノ酸、ビタミン・ミネラルなどを意識的に摂取することが大切だとされます。

 

シアリスの通販

シアリスの通販では 問屋価格で提供している商品です 商品お届け保証 迅速配送バイアグラ通販.jp

バイアグラの通販では 問屋価格で提供している商品です 商品お届け保証 迅速配送
レビトラ通販.biz

レビトラの通販では 海外の正規問屋さんから直接 商品お届けしていますので格安価格になっています

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入