うつ病の人と接するときの注意

適切な方法を知ったうえで、うつ病の人と接することが大切です。

 

自分ではうつ病の人によいと思っていることが、まったくの逆効果になるケースが多いのです。

 

しかし、自分がうつ病にかかったことがないのなら、なかなか相手の気持ちは理解できないものです。

 

そのため、事前にうつ病の人との接しかたを知り、相手を追い詰めないようにする必要があります。

 

■うつ病の人に対して避けるべきこと
・励まさないこと
頑張れなどと励ますことで相手を元気にしようと考える人がいますが、これはまったくの逆効果になります。

 

うつ病の人は、頑張りやの人が多く、十分に頑張っているためです。

 

そこに、頑張れなどの言葉をかけると、さらに相手を追い詰めることになり、思わぬ危険な行動に出るケースがあります。

 

こうした問題を防ぐためには、相手の頑張りを評価することです。

 

・無理をさせないこと
うつ病の人は、無理をする傾向があります。

 

無理をして疲労やストレスを蓄積している傾向があるので、しっかりと休息を取ってもらうことです。

 

一番よいのは、うつ病へと発展する前に、こまめに休息を取るように心がける方法です。

 

うつ病が重症になってしまうと、結果として休職が求められるケースもあります。

 

うつ病へと発展させないためには、無理なく休息できるような心配りが必要です。

 

無理に「休んだほうがいい」などと言っても、頑張って問題を解消しようとするので、自然と休めるような環境作りが大切です。

 

 

うつ病になると、本人にはどうにもできないことがあります。

 

その状況を改善するために病院で治療を受けるわけですが、ときには周囲の協力がモノをいうこともあります。

 

現代では15人に1人がかかるとされている身近な病気ですから、明日は我が身と思ってうつ病の人には正しい対処を心がけるようにしましょう。

 

そのためには、きちんとした知識と理解が必要です。

 

うつ病の人は、本人自身も自覚していない場合があります。

 

また周囲を気遣うあまりに、我慢して病気を悪化させてしまう人もいます。

 

うつ病の人には「頑張れ」が禁句だといわれますが、逆に「頑張らなくていいよ」と言うのも考えものです。

 

悩んでいる人にしてみれば、見捨てられたような気持ちになってしまうかもしれません。

 

それほど、うつ病の人への対処には慎重に期さなければならないのです。

 

うつ病で病院に通っている人は、薬を処方されていることが多いものです。

 

うつ病の薬は効いているときにはよくても、効き目が切れるとまた症状に苦しみ、気持ちが不安定になってくることがあります。

 

そんな状況のときに、気分屋などと指摘されたら、うつ病の人はたまったものではありません。

 

そっと見守ってあげることも、うつ病の人には必要な場合があるのです。

 

 

うつ病は、患者本人にとっても周囲の人にとっても、医師にすら理解するのが難しい病気です。

 

健常者との区別がつきにくい場合もあり、医師が誤診してしまうことすらよくあるのです。

 

例えば職場などで、やる気が見られない、よく働かない人がいるとき、通常なら同僚や上司などが注意をするでしょう。

 

もしも問題の人がうつ病だった、あるいはうつ病になりかけていた場合、その注意が決定的な病気の悪化を招いてしまうこともあります。

 

もちろん周囲の人は知らなかったわけですから仕方ないともいえますが、うつ病患者が急増しているとされる現代では、誰もがうつ病に関する正しい知識を持って周囲の人とのコミュニケーションを図ることが必要です。

 

インターネットにもたくさんの情報がありますが、中には間違った情報が掲載されていることもあります。

 

通常は見分けがつきにくいので、実際にうつ病を体験した人の意見が書かれているサイトなどを参考にしてみるといいかもしれません。

 

そういう情報を得てすら、実際のところは完全にうつ病を理解するのは困難です。

 

うつ病の人に対処するには注意が必要だということを頭に入れた上で、病気に悩んでいる人の負担にならないような工夫をさりげなくしてあげることが大切なのかもしれません。

うつ病との付き合いかた

疲労と比べてストレスが要因の疾患はなかなか治りません。

 

それは、うつ病に対しても例外ではありません。

 

いちど発症すると、治るまでに少なくとも数か月はかかります。

 

その期間は、疲労やストレスを感じないように工夫しながら生活していくことになります。

 

うつ病の早期治療のためには、うつ病の症状を認知してもらうことが大切です。

 

うつ病にかかる人は、人口の2割程度だとされるため、あとの8割の人は症状をよく知りません。

 

自身で体感したことがないため、なかなか相手の気持ちに立って考えることが難しいようです。

 

人間は、少しのことで落ち込む人がいます。

 

うつ病には性格も大きく関係しており、落ち込みやすい人ほどかかりやすいと言われています。

 

発症リスクを低くするコツは、冷静さを保つことだと言われています。

 

うつ病の症状を事前に把握しておけば、いざというときに焦らずに済みます。

 

チェックリストを調べておき、項目に該当しないかチェックするくせを付けることも大切でしょう。

 

うつ病だと思われる症状が出たら、無理をしないことが大切です。

 

しっかりと休息し、ストレスを解消することに努めましょう。

 

自分に処理できない仕事を無理に受けるようなことはせず、無理だと思ったら断ることも大切です。

 

そして、睡眠時間を確保することも大切です。

 

眠ることは疲労・ストレスを解消するために一番有効なことなのです。

 

眠られない日々が続くようなら、医師の診断を受けて睡眠薬を処方してもらうことも考えましょう。

 

睡眠薬は慢性化しやすいですが、それ以上に睡眠できない状態は体にマイナスとなります。

うつ病の人に対する家族の接しかた

うつ病を治すには、周囲の人たちの協力が欠かせません。

 

家族の協力は特に大切なので、うつ病を理解したうえで患者と接することが重要です。

 

誤った認識で接すると、逆効果になることを知っておきましょう。

 

うつ病患者への接しかたでタブーとされるのは、相手を励ますことです。

 

「頑張れ」という言葉は、相手のためになるように感じますが、まったくの逆効果となります。

 

もともと、うつ病になる人は頑張り屋が多いのです。

 

人からの頼みごとや、無理な仕事などを引き受け、ストレスを蓄積することでうつ病になります。

 

そのため、頑張れという言葉は相手を追い詰めることになるのです。

 

そして、自傷・自殺に気をつけることも大切です。

 

重度の症状になると、「自殺すれば楽になる」と考える人が多いようです。

 

放置しておくと、そのまま自身を殺めてしまう可能性もあるので、常に注意深く相手の行動を観察しましょう。

 

ここで、自分たちの手に負えないと感じたら、医療施設に相談して適切な措置を取るべきでしょう。

 

以前と比べ、うつ病への認識度は高まっていますが、まだまだ低いのが現状です。

 

初期の症状の場合、「だらしないだけ」と思われることが多いようです。

 

周囲から見ると、やる気がないように見えるため、ついイライラすることもあるでしょうが、うつ病の症状だと分かっていれば、相手を追い詰めることもないでしょう。

 

家族としても、治療が長期におよぶことを視野に入れ、気長に対応するべきでしょう。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入