うつ病になりやすい人の特徴

うつ病と性格の関連性の深さが唱えられています。

 

精神科医(日本・ドイツ)によると、うつ病のリスクの高い人の特徴は、几帳面、周囲に気配りする、
仕事・頼みごとを断れない、物事に一生懸命になる、強い責任感がある、などをあげています。

 

仕事での頑張りが評価され、周りからも信用されるタイプです。

 

 

また、温厚そうな性格も手伝い、嫌われることも少ないですが、それだけ自分自身に無理をかけているようです。

 

無理をすることで、人よりも疲労やストレスを蓄積させやすく、うつ病になりやすいのです。

 

自分を超えた仕事をしようと頑張るのは悪いことではありませんが、
上手に息を抜く方法を知らないと危険でもあります。

 

仕事において、自分に無理をしないことは大切なことです。

 

何かの仕事を受け、それができない内容だったなら、上手に断ることも大切なのです。

 

何らかの理由によって仕事に着手できないときは、あとから断る柔軟性を持つことは悪いことではありません。

 

人間は、まじめなほど自分に無理をかけるため、うつ病になりやすいとされます。

 

周囲からいい人に思われようと気配りする人も同様です。

 

これが自然と行える人ならば問題ありませんが、無理をして行っているのなら、
体や心にも悪い影響を与えると考えましょう。

 

疲労やストレスは、仕事をしていれば誰もが感じるものです。

 

しかし、当たり前だからこそ、体の不調に気づかないこともあります。

 

もし、以前と同じ仕事をしているのに疲労やストレス・倦怠感などが強くなってきたら、
うつ病になる前ぶれかもしれません。

うつ病と性格の関係

うつ病を発症しやすい性格とは
日本やドイツの精神科医がうつ病を発症しやすい人には、
その人が持っている性格が関係しているという説を発表しています。

 

研究では、うつ病になりやすい人の性格は、責任感が強い、物事に対して几帳面、
何事にも手を抜かないで一生懸命取り組む、周りに配慮をする、
仕事や用事を断らないなどの特徴が見られたということです。

 

まじめで責任感があるので、周囲の人から信頼をされ、好まれている人です。

 

一見すると、気配りも良くすることから、頑固一徹でもない柔軟さが伺えて、
非常に温厚なイメージが湧きます。

 

 

でも、このような性格の人は自分自身の疲れなどを自分の中に溜めこんでしまうようです。

 

責任感が強くて、どんなことでも引き受けるタイプは、自分自身で知らないうちに、
能力以上のものを背負い込みストレスを溜め込んでしまうのかもしれません。

 

無理だと思えば、普通の人であれば、新規の依頼は断って、
場合によっては、引き受けたことも理由を述べて断ったりするような柔軟性がありますが、
うつ病を発症するほど真面目な人はそれが出来なくて、ストレスがどんどん大きくなっていき、
臨界点に達するとうつ病の発症に至るのです。

 

 

真面目な性格以外では、物事に対して、常に悲観的な見方・考え方をする傾向にある人は、
それがストレスになって、
そのストレスを外に発散できないで内に秘める人はうつ病を発症する可能性が高くなります。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入