うつ病の治療

うつ病の治療方法の種類と治療の進め方
うつ病になると、治療が必要になりますが、うつ病の治療法として、主として用いられるのは、「休養」「薬物療法」「精神療法」があり、これらが組み合わされて治療は行われます。
もっとも行われている主流の治療法は、「休養」と「薬物療法」が組み合わされた方法です。

 

まずは、心のストレスの原因になっていることから離れて、忘れるために、休養し、リラックスするようにします。
その上で、薬によって症状を緩和させていくように進めていきます。
専門医が、症状に応じて休養の取り方の指導や抗うつ薬の処方を行います。
うつ病の程度によっては、休学や休職をして治療に専念することもあります。
抗うつ薬を継続して治療に用いることで、70%~80%の症状の緩和効果が期待できるため、うつ病の治療には必須となっています。

 

尚、抗うつ薬には、いろいろなタイプがあります。
治療の効果が現れる時期は、人によって異なります。
即効性を感じる人もいますが、通常は、約3週間継続することである程度明確な効果が現れてきます。
治療に用いる薬の種類や量は、その症状や効果の現れ具合をみて、専門医が調整します。
そのため、服用は専門医の指導に従うことが重要です。
「休養」「薬物療法」による治療でうつ症状の改善が見られたら、残るもう一つの「精神療法」が治療に加えられます。

 

「精神療法」はうつ病患者をカウンセリングによって、うつ病の原因を探っていきます。
原因によって、それに対する対応の仕方や考え方などを見直していきます。
このようにして、うつ病の完治を目指します。
完治までの期間は判断不能です。
焦らず、気長に治療していくことが、回復の近道です。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入