うつ病と似ている病気

うつ病と誤解する症状の出る病気をしっておく
素人では、うつ病と誤解しそうな症状が見られる病気があります。
素人で自己判断してしまって、正しい治療を行わないと、その間に症状が悪化してしまうことも考えられます。
そのため、うつ病と良く似た病気について、理解しておくは重要です。
そして、疑わしい場合は、できるだけ早く専門医の診断を仰ぐようにしましょう。

 

うつ病に似た病気としては、いくつかありますが、以下代表的なものをあげておきます。
まず、甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などの甲状腺関連の病気があります。
女性に多く見られる病気です。
うつ病と似ている症状として、体重の減少、不眠、無気力、衰弱などが現れます。

 

次に、「更年期障害」があげられます。
これも、女性に多く見られる病気ですが、男性もこの病気が起こることもあります。
中高年になって、ホルモンのバランスが崩れることで、症状が起きます。
その症状の中には、うつ病が示すのと同じような精神的な錯乱が見られます。

 

また、長期間、過度の疲労がけいぞくすることで起こる病気に、「慢性疲労症候群」というような病気があります。
この病気に関しては、その発症の原因ついて、現在のところ、まだ不明です。
この病気に関しては、まだ良く知られていないこともあって、うつ病や自律神経失調症などと間違われることが多いようです。

 

最後に、「薬の副作用」も、その現れる症状にうつ状態になることがあり、うつ病と誤解されることがあります。
良く知られている副作用には、C型肝炎や腫瘍などの治療に用いられることが多い「インターフェロン」や、高血圧症などの治療に利用されている「レセルビン」がうつ状態を引き起こします。

うつ病と間違われる病気

うつ病は誰もが知っている病気ですが、似たような自覚症状を伴う精神疾患は多いものです。

 

これらは、普通の人が判別することは困難なので、少しでも体調の変化や違和感を覚えたときは、速やかに医療施設を訪れましょう。

 

 

非常に判別が難しい症状もあり、医師でも正確に判断できないことがあるため、症状が重度の場合は、大規模な病院を訪れるのが無難でしょう。

 

 

■甲状腺疾患
甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などは、たびたびうつ病と間違われます。

 

女性の発症率が高く、体重が減ったり、不眠症、衰弱、無気力などの症状を伴います。

 

 

■更年期障害
ホルモンバランスが乱れることが要因であり、これには閉経が大きくかかわっています。

 

女性がかかる疾患というイメージがありますが、近年では男性で発症するケースも増加しています。

 

自覚症状のなかには、うつ病と似た症状があります。

 

重度になると、精神の錯乱が生じるようになります。

 

 

■慢性疲労症候群
疲労が蓄積することで生じる疾患で、常に疲れている状態が続きます。

 

発症要因には疲労が関連していると思われていますが、詳細については解明されていません。

 

そのため、うつ病や自律神経失調症などと診断されるケースもあります。

 

 

■薬物の副作用
うつ病に似た症状は、薬物の副作用によっても生じます。

 

リスクの高い薬物には、高血圧症の治療に使用される「レセルビン」や、C型肝炎や腫瘍などを治すために使用する「インターフェロン」などがあります。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入