うつ病とそのほかの精神疾患

精神疾患といえば、うつ病が代表的ですが、ほかにも多くの症状があります。

 

代表的なのは、パニック障害、心身症、社会不安障害、強迫性障害などです。

 

うつ病と共通する症状が出ることも多いですが、発症要因が違っているのが特徴です。

 

■パニック障害
わけもなく急にパニック状態になる症状のことです。

 

慢性化しやすい症状であり、たびたび発生するようになります。

 

すると、それがストレスや恐怖感となり、パニック障害を再び引き起こすという悪循環になります。

 

■心身症
うつ病と同様、ストレスが要因となって生じるものです。

 

過換気症候群や過敏性腸症候群などが生じ、体調が悪くなるのが特徴です。

 

■社会不安障害
あがり症はうつ病と並び、精神疾患のなかでもポピュラーな症状です。

 

社会不安障害は、あがり症をさらに重症化させた症状が出ます。

 

人と会話するときなど、緊張したり震えたりし、普通に接することができなくなります。

 

■強迫性障害
異常なほどに、一つのことに対して不安感が生じる病気です。

 

通常、トラブルや問題が片付けば、そのことについて深くは考えませんが、強迫性障害になると、
原因が片付いてもマイナス感情が消えなくなるのです。

 

例をあげると、ドアに鍵をかける動作を何回も行ったりする症状があります。

 

鍵をかけた直後なのに、再び調べないと不安になるのです。

 

また、手を洗ったのに汚れが落ちていないと思い込み、短時間の間に何回も洗ったりします。

 

うつ病とは症状が異なるため、区別しやすい病気です。

うつ病以外の心の病

うつ病以外にも心の病はたくさんあります
心の病はうつ病以外にもたくさんあります。
「心身症」「パニック障害」「強迫性障害」「社会不安障害」などがあります。
このほかにもまださまざま病気があります。
ここでは、この4つの病気について説明をします。

 

尚、症状が一部分では、うつ病と似ているところもありますが、発症の原因が異なりますから治療は区別して行われます。
最初に、「心身症」ですが、この病気は、うつ病と同じように、ストレスなどが原因となって起こりますが、その症状は体に不調として現われます。

 

主なものに「過換気症候群」や「過敏性腸症候群」などの症状があります。
次に、「パニック障害」とは、パニックを起こす理由が見当たらないのに、突然パニック状態になってしまう病気のことです。
この症状は繰り返し起きるので、一旦、この症状になって繰り返しを経験すると、また起きるのではないかと言う恐怖心が芽生え、このことがまた、パニック障害を起こす原因となります。

 

「強迫性障害」とは、普通の人であるなら、時々起きる不安や不快なことは、解決できると同じことを何度も考えないのですが、この病気だと、不安、不快を一度、取り除いても、すぐまた、不安や不快な気持ちになる病気のことです。
不快や不安だと感じることが、頭の中に繰り返して浮かんでくるのです。
例えば、家の戸締りを下かどうか不安になると、何度も何度も戸締りを確認しないと不安で落ちつかなくなるのです。
また、手にばい菌がついていると不安になると、何度も何度も手を洗う行為をしてしまう病気です。
「社会不安障害」とは、通常のあがり症以上に、人と接したり、人前で話すときに緊張して、震えがとまらないなどの症状を起こす病気のことです。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入