休職してうつ病を治す

確実にうつ病を治したいなら、疲労とストレスを解消するための環境が必要です。

 

残業時間が長かったり、ストレスがたまる仕事に従事していたりすると、うつ病になる可能性が高いと認識しましょう。

 

理想的なのは、仕事を休職して治療に専念することです。

 

軽度のうつ病ならば、自宅でゆっくり休むだけで治ることが多いのです。

 

 

ほとんどの会社は、休職することに抵抗を示すでしょうが、そのまま放置しておいて症状がよくなるケースは少ないため、重症ならばどうにか交渉して休職したいところです。

 

会社の就業規定によると、何らかの病気・ケガなどにより、通常どおりの業務が行えないケースにおいて、
休職することを認めています。

 

精神疾患の一種であるうつ病は、病院で検査を受けて診断書を発行してもらうことで、
会社を休職するための手続きを取れます。

 

 

収入については、休職していても法律で規定した額が支給されます。

 

通常の支給額よりは減りますが、傷病手当なども含めると、かなりの額が支給されることもあります。

 

また、会社内における役職なども維持されるでしょう。

 

仕事に復帰する場合は、うつ病で休職する前の状態にそのまま戻れると考えてよいでしょう。

 

会社が規定を守らない場合、裁判になったケースも過去にあります。

 

 

この場合、会社側が罰則の対象となります。

 

法律で定められている就業規定については、詳細は会社が決めることになっています。

 

休職の期間に応じた収入・保障などがどうなっているかは、自主的に調べるしかありません。

休職してうつ病の治療に専念する

 

うつ病の治療の一番重要なことは、ゆっくり休息を取ることです。

 

うつ病には、休息が一番といわれても、無条件に休息を簡単に取れる人はなかなかいないでしょう。

 

特に、仕事をしている場合は、会社の都合や、自分自身の立場を考えると、
そう簡単に仕事を休むことはできないのが普通です。

 

 

しかし、早くうつ病を治すうつ病の特効薬は十分な休養・静養ということができます。

 

うつ病を早期に完治させたいならば、休職することがベストです。

 

事情が許すならば、思い切って休職に踏み切ることを検討をすべきでしょう。

 

通常、会社には、病気やケガなどによって、
一時的に労働できなくなった場合に仕事を休むことができる
「休職」制度が就業規則などに設けられています。

 

 

うつ病は、れっきとした心の病気ですから、医師の診断書によって、休職する制度を利用できます。

 

休職を利用した場合、その期間内の給与は法律でその支給額が定められています。

 

休職中の給与額は、減額はされますが、規則に定められたパーセントの給与もしくは、傷病手当などによって、ある程度の収入が保障されます。

 

 

さらに、会社内で自分の地位も仕事を会社は、原則、そのまま残しておいてくれますから、
うつ病が完治して、復職できるようになればいつでも会社に戻ることができます。

 

安心して治療に専念できます。

 

尚、休職の具体的な内容については、会社ごとに異なりますので、
どれくらい休むことができるのか、休職中の保障はどうなっているのかなど、確認するようにしましょう。

うつ病から復職する目安

うつ病で会社を休んでも、いつかは仕事を再開しなければなりません。

 

復職のタイミングを誤ると、仕事に復帰してから症状が再発し、再び休職を余儀なくされるケースもあります。

 

復職するときは、しっかりとタイミングを見計らったうえで決定する必要があります。

 

 

■復職の目安とは
・気持ちが安定して不安を感じることが少なくなった
・昼間に普通に活動できるようになった
・スタミナがついてきた
・仕事に復帰したいと思うようになった
これらの傾向が見られるようになったら、うつ病が治ったと判断できます。

 

ただ、すぐに同じ環境で仕事をするのではなく、少しずつ仕事の感覚を取り戻すようにしましょう。

 

勤務時間を短くしたり、時差出勤をしたり、何らかの対策を会社と話し合って決めていきます。

 

うつ病が完治していないのに仕事に戻ると、再発するケースが多いので、上記の項目を満たしていない場合は、
復職は見合わせたほうが無難です。

 

 

多くの人は、仕事を離れることで気持ちが楽になり、長年の疲労やストレスが解消していきます。

 

しかし、やがて長期休職に対する焦りも生じてくるようです。

 

復職して仕事の勘を取り戻せるのか、自分の立場は以前と同じように確保されているかなど、
いろいろと不安がつのるようです。

 

うつ病が完治したかどうか自分で分からないときは、必ずかかりつけの医師と話し合って決めることです。

 

そのために、医師とは腹を割って話せる間柄になりたいものです。

 

誤ったタイミングで復職すると、うつ病が再発してしまうケースもあるので注意しましょう。

うつ病からの復職

うつ病からの復職についての注意点
うつ病を発症したので、休職して治療を受けていた場合、うつ病の症状が回復に向かうと、復職について考え始めなめればなりません。
その際、復職を焦ることなく、冷静に判断する必要があります。
自分が復職できる状態にあるのかを見極めることが大事です。

 

通常は、以下のような症状が見られる、感じられるようになれば復職を検討しても良いと言われています。

 

・気分の落ち込みがなくなって気分がすっきりしてきた
・日中、起きて問題なく活動できるようになった
・体力に自信がある
・仕事をする意欲がでてきた
許されるならば、求職前と同じ勤務にすぐに戻るのではなく、徐々に会社生活に馴染めるような復帰が理想的です。

 

時差出勤、短時間勤務など、なるべくストレスを少なくすることができる勤務体系ができないかを会社と相談して復職できるようにしてみましょう。
少しでも上記の項目の中で、出来ていないことがあれば、無理をして復職を考えずに治療を続けるほうが良いでしょう。
いろいろな事情によっては、復職を急がねばならないようなこともありえるかもしれませんが、焦りは禁物です。

 

うつ病の治療のために仕事を休んでいても、会社から離れることの不安感で、症状がほんの少し良くなったことで、復職した焦りが出てくるのが普通です。
しかし、じっと我慢すべきです。
完治しない段階で復職しても、せっかく回復してきた症状が、元へ戻る可能性があります。
このような場合は、一人で判断するのではなく専門医と良く相談するようにすべきです。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入