うつ病と不眠の関係

不眠を感じる人には、うつ病の患者が多いというデータがあります。

 

うつ病の自覚症状のなかでも特に多い不眠は、患者の9割が感じているそうです。

 

不眠の症状には、眠たくても眠られない、熟睡できない、睡眠の途中で目が覚めることが多いなどがあります。

 

疲労を感じていても眠られないのは、多くの場合においてストレスが関係しています。

 

眠るときに不安感やストレスがあると、なかなか寝付くことが難しいものです。

 

うつ病における不眠治療では、薬を用いた方法がポピュラーです。

 

精神安定剤・睡眠薬などを、医師の判断によって処方されます。

 

これらの薬とうつ病の薬を併用し、症状の改善を図っていきます。

 

睡眠のための薬だけでは、十分な効果は発揮できません。

 

中枢神経の乱れによって不眠が引き起こされるため、気持ちを落ち着けることも大切となるのです。

 

うつ病による不眠を薬物で解消する場合は、スタミナを維持することも大切です。

 

複数の薬を長期的に服用する場合があり、体の調子を悪くしてしまうことがあるのです。

 

スタミナを維持するためには、生活のリズムを整えることから始めることです。

 

薬の長期連用は、人によっては大きな負担となるようです。

 

どうしても薬物治療に抵抗がある人は、カウンセリングや漢方薬などを用いた治療法もあります。

 

ただ、症状が重症の場合は、薬物治療は避けられません。

 

漢方薬やカウンセリングによる治療は長期を要するため、
うつ病の症状を速やかに抑えるためには適さないこともあります。

 

うつ病にもっとも多い症状の不眠について
うつ病の症状には様々ありますが、その中で、もっとも共通に起きている症状に不眠があります。
不眠はうつ病患者のほとんどがその症状を訴えています。
ある統計によるとうつ病患者の90%以上にも達するようです。

 

さて、このように多くのうつ病患者を悩ましている不眠ですが、症状には、寝ようとして、なかなか眠れないというものや、眠りが浅くて夜中に何度も、目が覚めてしまって睡眠不足に陥ることなどがあります。
これら、寝つきが悪い、眠りが中断するなどの症状を改善する治療法としては、投薬が一般的に用いられています。
薬にはおなじみの睡眠薬や精神安定剤などが用いられます。
これらの薬とうつ病の薬とを医師の指導の基に定められた時間にきっちりと併用して服用し、自然な眠りに入っていけるようにします。

 

うつ病の不眠は、うつ病以外の不眠とは異なっており、中枢神経のアンバランスによっておきていますから、ただ単に眠るだけの作用を薬で促すだけでは改善しません。
このため、睡眠度導入剤とうつ病の薬が併用して用いられます。
併用することで薬の量が増加し、人によっては多量の薬を飲むことに不安感が増すかもしれないですが、不眠が長く続くと、体調が崩れますから、まず基本的な体調の維持をしっかり回復することが重要です。

 

うつ病の治療は長引くことから、薬に対する不安感を押してしっかり服用することが必要です。
尚、最近の治療では、薬を飲むことが苦痛となり、かえってそのことで、うつ病の症状を悪化させる可能性がある場合、漢方薬治療や、カウンセリングも行われているようです。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入