精神安定剤「デパス」とは

MENU

精神安定剤「デパス」とは

精神的な病気で心療内科や神経科を受診し、処方された薬の中に「デパス」という薬があったという人も多いでしょう。
精神的な病気の中でも、不安神経症やパニック障害などの場合は、不安感や緊張感を緩和し、精神安定剤の「デパス」を処方されることが比較的多いようです。
そのほかには、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肩こり、腰痛の場合に処方される場合があります。

 

精神的な疾患の場合、精神安定剤が処方され、いくつかの種類がありますが、どれも鎮静作用のほかに、不安感や緊張感を緩和する作用があります。
しかし、処方される薬によっては、副作用が強く出るものや長期的に使用するのが望ましくないものがありますが、デパスは、効果が高いわりに副作用も少なく高い効果が期待できるので、精神疾患以外の病気でも使用されることが多いようです。

 

デパスは、精神安定剤の種類の中でも「エチゾラム系」の薬で、抗不安薬として使用されることが多く、睡眠導入剤として処方されることがあります。
デパスは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の一つで、長く治療に使われている薬ですので、飲み始めに強い副作用がなければ、安心して使える薬です。

 

デパスは、0.5mg、1.0mg、顆粒の3種類があり、神経症、うつ病の場合は、成人で1日3mgを3回に分けて服用することが多く、心身症、頚椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛などの場合は、成人で1日1.5mgを3回に分けて服用することが多いようです。
また、睡眠障害で使用する場合は、成人で1日1~3mgを就寝前に1回服用しますが、年齢や症状によって、実際に服用する回数や量は異なります。

 

精神的な疾患によって、精神安定剤を飲み始めると効果が表れ、精神的に安定した生活が送れるようになりますが、依存性が現れると「薬がないと不安」いう薬物依存症になってしまう場合もあるので、服用は、医師の指示に必ず従いましょう。

精神安定剤「デパス」の副作用はどのようなものか

身体的には、何も問題がなく健康なのに、慢性的に体の不調があるときは、精神的な疾患を発症している場合があります。
現代は、ストレスを抱えている人がとても多く、抑うつ症や不安神経症、パニック障害などさまざまなストレス性の疾病があります。
このような状態に陥っているときは、心療内科や神経科、精神科などを受診し、適切な薬を使って、不安や緊張、恐怖心などを取り除き、元の生活に戻れるようにしたいものですが、大半が長期間の治療が必要になるようです。

 

精神的な疾患を患ってしまった場合に、精神を安定させるために精神安定剤が処方されます。
比較的よく使われている薬に「デパス」がありますが、この薬は不安を取り除き、緊張感をほぐす作用があります。
このほかにも精神安定剤の種類はたくさんありますが、副作用が比較的少ないので、この薬が使われることが多いようです。
しかし、薬ですので、全く副作用がないと言うわけではありません。

 

デパスを処方され、飲み始めたばかりだと、強い眠気や脱力感がみられたり、ふらつきがみられたりする場合があります。
ですから、特に飲み始めは、車の運転や機械や重機の運転などは控えるようにしましょう。
そして、個人差がありますが、薬に慣れてくるとこのような症状はみられなくなりますが、デパス以外の種類でも精神安定剤の場合は、このような初期症状がみられます。

 

そして、デパスの副作用が注意したいのが依存性です。
デパスの副作用には、依存性がありある程度の期間、飲んでいて急にやめると、精神疾患の症状がぶり返す場合があります。
そのため、薬を飲んでいないと不安感や緊張感、恐怖心などが強まる場合がありますので、薬を減らすときは、急にやめるのではなく、医師と相談しながら、徐々に減らしていくようにしましょう。
また、デパスに限らず、このような種類の薬の服用をやめるときは、自己判断で飲むのをやめると症状が以前よりも重くなる場合があるので注意しましょう。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入

精神安定剤「デパス」とは関連ページ

薬の意外な依存を知ろう
うつ病、慢性的ストレスなど、精神的に何か病気をお持ちの方は、何かしら精神安定剤を飲む機会があると思います。 しかし心配されるのが、精神安定剤を服用する事で起こるリスク・・・要するに依存症です。 ここではそんな精神安定剤の依存症についてご
精神安定剤とサプリメント
サプリメントには、さまざまな種類があります。 ビタミン・ミネラルを筆頭とし、精神を安定させるタイプまであります。 精神安定のためのリラックスサプリは、多忙な現代人のストレス解消のために役立ちます。 精神安定剤と異なり、効果・効能はうた
あがり症の治療には精神安定剤
あがり症と言うのがあります。 病気ではありませんが、人前に出ると極度の緊張状態になり、上手に話せなくなったり、赤面してしまったりと言った状態になります。 この症状を緩和するのにも精神安定剤が使われます。 あがり症の治療には精神安定剤を
精神安定剤の種類効果
薬が効いている間の健忘ではありますが、日常生活に支障をきたしてしまう可能性もあります
精神安定剤と食べ物の組み合わせについて
精神疾患などによって、精神安定剤は精神的な不安感や緊張感を取り除いたり、身体の筋収縮を緩和したりする作用がありリラックスした状態を保つ効果が期待できます。また、薬によっては、緊張状態になると眠気を誘うようなものもあります。現代は、世代や男女
精神安定剤と抗うつ薬とはどのように違うのか?
精神疾患の患者さんには精神安定剤が処方されることが多いのですが、それと同時に抗うつ薬が処方されることもよくあります。精神安定剤も抗うつ薬も、同じような作用だと思われている方も多いでしょうが、この二つには大きな違いがあります。 精神安定剤は
上がり続けている精神安定剤の服用率
現在、精神安定剤を含めた、いわゆる精神薬を必要としている人が多くいますし、今後も増え続けて行くだろうと予測されてもいます。 精神薬を利用している人の8%が精神安定剤を必要としていると言うデータもあり、深刻な状況である事がお判りいただけるで
精神安定剤を服用する時の注意点
精神的な疾患によって、精神安定剤を服用するようになったときは、薬の用法、用量のほかにどのような作用、副作用があるかしっかりと主治医に説明を受けるようにしましょう。 精神的な疾患の場合は、内科系の病気や怪我などと違い、完治する具体的な目安が
精神安定剤と睡眠薬の類似点
精神安定剤と睡眠薬は非常に似通っています。 精神安定剤は、不安感を抑制し、リラックスできるように作用します。 精神安定剤の効果には、抗不安作用、筋弛緩作用、催眠作用が含まれ、副作用の一つとして眠気があります。 体をリラックス状態にする
精神安定剤=抗不安薬について
メンタルな疾患の薬にも色々な種類があります。 比較的、良く知られているのは精神安定剤ではないでしょうか。 精神安定剤は、抗不安薬とも呼ばれています。 抗不安薬は、脳の視床下部に作用し、自律神経を安定させて、心身の緊張を緩和させ、気持ち
精神安定剤の依存性の怖さ
精神安定剤と聞くと、気持ちが不安定なときに飲む薬と言うイメージがあると思います。 そして精神安定剤にも強弱があり、抗うつ薬は欝に、抗精神病薬はストレスに対して飲んだりするなどの症状には比較的症状の軽い精神安定剤を服用します。 これらの薬
精神安定剤の効果”液窩多汗症”について
精神安定剤の効果の中でも、緊張することで起こる”腋窩多汗症”という効果があるのをご存知でしょうか? この緊張性”腋窩多汗症”とは、人前に出ると急に上がってしまい、喋ることもままなら無い状態に陥ってしまう症状です。 少しでも緊張する場面に
精神安定剤で「太る」という副作用はあるのか?
現代は、強いストレスを感じて精神的な疲れを抱えている人が増えているようです。また、日常的に忙しいので、ストレス発散がうまくいかず、心療内科や神経科を受診し、精神安定剤を服用している場合もあるようです。 心療内科や神経科などで処方される精神
精神安定剤~レキソタンの効果とは~
レキソタンは精神安定剤の一種です。 リラックスをつかさどる神経(BZD受容体)と結合することで、精神を落ち着かせる神経に作用するのです。 精神安定剤のなかでも、抗不安薬としての位置づけが高くなっています。 ■精神安定剤レキソタンの効果
精神安定剤の一種「レキソタン」とは
レキソタンは精神安定剤の一種です。 トランキライザー(抗不安薬)として使用することもあります。 その効果は、精神を安定させてリラックスさせるものです。 緊張・不安などを解消し、安心感を与えてくれます。 精神安定剤としての作用もそれほ
メジャートランキライザーの効果
精神安定剤といわれる物は殆どがメジャートランキライザーになります。 重度の精神疾患などに処方される精神安定剤は必ずと言っていい程メジャートランキライザーになります。 では、メジャートランキライザーがどういったものなのかを見てみましょう。
精神安定剤~ソラナックスの副作用とは~
ソラナックスは精神安定剤の一種です。 抗不安薬に分類され、ベンゾジアゼピン系の薬剤になります。 コンスタンという名称の精神安定剤と成分は同様であり、製造元が異なっています。 どちらも精神状態からくる不安を和らげる薬です。 ■ソラナッ
睡眠薬とはどんなものだろうか?
色々な精神安定剤の種類の中に睡眠薬も入っているのですが『良く眠れる』という事以外、睡眠薬という薬のことを良く知らないというのが現状です。睡眠薬には即効的な睡眠効果が得られるハルシオンや副作用が少ないと言われているベンゾジアゼピン、長時間の睡
睡眠薬の効果と副作用
精神安定剤には、鎮静作用と催眠作用と言う2つの効果があります。 2つの効果のうち、催眠作用が強く働くものを睡眠薬として用いるのが一般的になっています。 ここでお話しする睡眠薬とは、精神安定剤の一種である事をご了承下さい。 睡眠薬で重要