うつ病における体の症状

MENU

うつ病における体の症状

うつ病は精神疾患ではありますが、体に対する症状も出ます。

 

精神的な症状と比べ、目に見えるので異変に気付きやすいのが特徴です。

 

これらの症状を把握しておけば、うつ病を重症化させずにすむでしょう。

 

以下で、うつ病の体に表れる症状について説明していきましょう。

 

■睡眠障害
睡眠障害のなかでは、不眠症がよくある症状です。

 

不眠症にも種類があり、ほとんど眠られない、眠ってもすぐに目が覚める、
夜中に何度もトイレに行く、熟睡できない、などがあります。

 

そして、眠りすぎる症状も見られます。

 

眠りすぎの症状は、十分な睡眠時間を確保しているのに、常に眠気が襲ってくるものです。

 

■痛み
さまざまな痛みが生じるのも、うつ病の大きな特徴です。

 

頭痛、肩こり、腹痛、胃痛などが頻繁に見られます。

 

精神疾患からくる症状ゆえ、薬を飲んでも痛みが改善しないのが特徴です。

 

薬が効かない痛みが続くようなら、うつ病が要因かもしれません。

 

■食欲について
睡眠の場合と同様、両極端に症状が分かれます。

 

食欲が極端に減るケースと、増すケースです。

 

食欲減退については、悩みごとやストレスを感じれば多くの人が体感しますが、
うつ病になると慢性化するのが特徴です。

 

それとは逆に、食欲が極端に増すケースもあります。

 

■目や耳の症状
眼精疲労や耳鳴りなどが表れることがあります。

 

いくつかの症状が重複することもあり、薬で治らないのが難点です。

 

根本的な改善方法は、うつ病そのものを治す以外にはありません。

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入

うつ病における体の症状関連ページ

うつ病と薬物療法の仕組み
何故うつ病に薬が効くのか、これがわからないと病院から処方された薬でも服用をためらってしまうかもしれません。うつ病には脳内にある神経伝達物質の働きに異変が生じたことが関係すると、考えられています。例えば、ノルアドレナリンという神経伝達物質は、
うつ病薬の副作用
抗うつ薬の服用をスタートしても、早急な効果は期待しないようにしましょう。 個人差があるのですが、最低でも2週間程は効果を待たなければなりません。 けれども、副作用というのは飲み始めてすぐに出てくるので厄介です。 副
うつ病の基礎知識
自分がうつ病であるかどうか、自分でチェックすることが可能です。 パーフェクトな判断は難しいかもしれませんが、一人で悩まずに自己診断できる方法も試みましょう。
うつ病と薬物療法
うつ病の治療として薬物療法が基本となります。今回はうつ病と抗うつ薬の仕組みをご紹介しますね。 脳内物質のノルアドレナリンは神経伝達物質で、意欲や気力・集中力ややる気などに関係しているものです。 セロトニンは本能である
うつ病の治療
うつ病の治療方法の種類と治療の進め方 うつ病になると、治療が必要になりますが、うつ病の治療法として、主として用いられるのは、「休養」「薬物療法」「精神療法」があり、これらが組み合わされて治療は行われます。もっとも行われている主流の治療法は
うつ病の原因
うつ病の原因はいろいろ、最大の原因はストレス うつ病を引き起こす原因は多種多様で、人によってそれが異なっています。もっとも共通してあげられる原因にはストレスがあります。ストレスは人によって受け取り方が異なっています。ある人から見ると全くス
抗うつ薬
うつ病の治療の1つに、抗うつ薬の投与があげられます。 医学的には必要な薬と言われてはいますが、患者さんの中には薬の服用に抵抗を感じる人もいます。 精神病だとか負のイメージというものが影響しています。 現代医学では、
うつ病の克服
ただ気分が乗らない、憂うつな状態が重くなったのが、うつ病だと考えている人がいます。しかし実際には、本人の意思ではどうにもならないコントロール不能な状況に陥ってしまうのが、うつ病というものです。周囲の人には理解しにくいかもしれませんが、身近に
うつ病の問題
うつ病は決して本人だけが苦しむものではありません。 日常生活にも支障が出ますので、支える家族や友人知人・職場にも影響が及びます。 うつ病は現代病とまで呼ばれていますが、患者数は増加傾向なのでしょうか。 患者数の増加
うつ病の症状
うつ病の症状や関連事項などを掲載するサイトがとても多くなりましたので、情報収集は比較的簡単である程度知識をつけることができるようになりました。 しかし、うつ病患者と、ただやる気を損失している・意気消沈しているだけの人と
武田薬品のうつ病薬
うつ病の薬は、ドラッグストアなどで気軽に購入できるわけではありません。医師の処方が必要となるため、まずは医療機関でうつ病検査を受けることになります。武田薬品のような一般によく知られた製薬会社でも、病院に卸すうつ病薬を作っています。武田薬品か
うつ病とクリニック
うつ病だけでなく、精神的な悩みがあればクリニックで診察を受けるのもいいでしょう。 精神科はマイナスのイメージが根強いため、診察に抵抗を感じている人も多いのではないかと思います。 抵抗感を薄めるために、心療クリニックと
うつ病の情報
うつ病が増加している現代でも、うつ病について間違った認識を持っている人は少なくありません。 正しくうつ病を理解するというのは難しいと言えます。 もちろん、うつ病の症状はあげられますが、一体普通の人とどのように異なるの
うつ病患者の悩み
うつ病に実際になってみなければ、正しい理解は得られないとも言われます。 うつ病に限らずこの理論は確かに正解ですが、しかしそれではうつ病患者の周囲の人は対応に迷ってしまいますよね。 ちょっとでもうつ病を正しく理解したい
SSRIとは
様々なタイプの抗うつ薬があります。 うつ病の研究がどんどん進み、症状改善のための仕組みが解明されつつあるからです。 SSRIというのは、新世代の抗うつ薬と呼ばれているうつ病の薬です。 SSRIとは「選択的セロトニン
うつ病の相談窓口を活用する
うつ病のサインを知ることは、早期発見治療につながります。 近ごろでは、ネットを利用して自覚症状を知ることも可能です。 ストレスが蓄積しており、倦怠感が強いようならば、いちど確認してみるのがよいでしょう。 医療施設での検査を受ける場合は
うつ病にはどんな症状があるか
憂うつな気分に悩まされるだけで、うつ病というわけではありません。自分の意思では心身のコントロールがつかない状態になってしまうのが、うつ病なのです。医師でも見抜けない場合があるほど、うつ病かどうかの判断は難しいものです。例えば、過労やストレス
うつ病の経験談
うつ病の苦しみや、克服方法については人それぞれ異なってきます。医師の指示のみで完治できるわけではありませんよ。 当然のことながら処方された薬は用法用量を守ってきちんと飲む必要があります。 ただ、薬を処方するだけ、治療
うつ病の注意
うつ病は本人だけの闘いではありません。 むしろ本人よりも周囲の人の協力や助けが必要です。 では周囲の人は具体的にどのような対応をとるべきなのでしょうか。 15人に1人という高い割合でうつ病を発症すると言われていて、
うつ病の種類
大きくは2種類に分類されるうつ病の症状 うつ病には、症状の現れ方、原因の違いによって、大きくは2つに分類されています。1つは「単極性うつ病」と呼ばれています。もう1つは「双極性うつ病」と呼ばれています。 この2つには、うつ病の起こる原因
うつ病になった人の経験談
うつ病の診療を行う医師の中にも、投薬をメインに他の治療は特にしないという人がいます。その医師にとっては薬が一番の効果があり、他の治療は意味がないと考えているのかもしれません。しかし、投薬が一番楽な治療法だからという考えの人もいるでしょう。い
うつ病の原因は何か
うつ病の原因はいくつか考えられていますが、個人によって何が原因で発病しているのかは違います。また、原因とされていることが明らかにうつ病の元となっているのかどうかも、定かではないのが現状です。脳内にある神経伝達物質に因果関係があることはわかっ
うつ病の診断に役立つチェックシート
チェックシートを利用してうつ病の診断が可能です。 これらのチェックは「設問」と呼ばれており、いくつかのタイプがあります。 そのなかでも、「DSM(精神障害の診断と統計のマニュアル)」は、アメリカの精神医学会が手がける信頼性の高い設問
うつ病の概要
うつ病と聞くと、一昔前ならば一部の人だけの症状だと思われていました。 しかしストレス過多と言われる現代では、一生のうちに20%の人がうつ病になると言われています。 社会情勢の問題や孤立などが関係し、今後もうつ病になる人は増加すると言われ
うつ病と精神面における変化
疲労やストレスが引き金となるうつ病ですが、自覚症状の多くは精神疾患に近いものです。 誰でも気持ちが安定しないことはありますが、精神的な強さは個人差が激しいのが現状です。 ちょっとしたことで落ち込む人もいるため、どの程度の症状からうつ病と
男性のうつ病の特徴
うつ病を男女比で見てみると、女性のほうが男性よりも多い傾向があります。 これはホルモンバランスも関係していますが、いずれにしても男性にも頻繁に見られる症状なので軽視するのは危険です。 男性のうつ病で多いパターンは、ストレスを感じやすい時
うつ病の初期症状
うつ病がやっかいなのは、自身で症状に気づかないことです。 風邪や腹痛などは症状を感じられるため分かりますが、うつ病の場合は周囲の人が気づくことがほとんどです。 自覚症状は、よく観察すれば自分でも分かるとされますが、精神疾患のため自分自身
うつ病の薬の種類
「抗うつ薬」と呼ばれるうつ病の薬は、大まかに4つに分けられます。 うつ病は神経伝達がスムーズにいかなくなり、体にさまざまな支障をきたす病気です。 精神疾患のなかでも特に知名度が高く、多くの人たちが治療に専念しています。 うつ病を治すた
うつ病の薬で気をつけること
うつ病の薬で気をつけること
新型うつ病が増えている現状
近ごろ、今までと違う種類のうつ病が増え続けているようです。 新型うつ病と呼ばれる症状は、ある場面においてのみ症状が表れ、それ以外では症状とは無縁の暮らしができるものです。 こうした症状は以前からありましたが、近年になって認識度が高まり、
うつ病と不眠の関係
不眠を感じる人には、うつ病の患者が多いというデータがあります。 うつ病の自覚症状のなかでも特に多い不眠は、患者の9割が感じているそうです。 不眠の症状には、眠たくても眠られない、熟睡できない、睡眠の途中で目が覚めることが多いなどがありま
仮面うつ病には速やかな対処を
うつ病の一種に「仮面うつ病」があります。 この症状は、初期の目安として、肩こり・頭痛・胃痛などが表れます。 体の不調がほとんどなので、うつ病と判断することが極めて難しい症状です。 精神的な問題点もあまり見られないため、気づくのが遅くな
老人性うつ病の症状とは
老人に発症するうつ病に「老人性うつ病」があります。 現在、平均寿命が高くなってきている背景もあり、老人の占める割合が増えてきています。 核家族化や過疎化などにより、一人暮らしの老人が増えており、 現在ではうつ病にかかる人の25%程度が
女性のうつ病の特徴
女性は、ホルモンバランスなどの関係から、男性よりもうつ病になりやすいようです。 うつ病を引き寄せる要因が多く、精神的に不安定になることも関係しているようです。 この時期は、精神バランスを整える対策を実践し、ストレスをためないようにするこ
うつ病と不眠
うつ病にもっとも多い症状の不眠について うつ病の症状には様々ありますが、その中で、もっとも共通に起きている症状に不眠があります。不眠はうつ病患者のほとんどがその症状を訴えています。ある統計によるとうつ病患者の90%以上にも達するようです。
うつ病とそのほかの精神疾患
精神疾患といえば、うつ病が代表的ですが、ほかにも多くの症状があります。 代表的なのは、パニック障害、心身症、社会不安障害、強迫性障害などです。 うつ病と共通する症状が出ることも多いですが、発症要因が違っているのが特徴です。 ■パニック
うつ病と似ている病気
うつ病と誤解する症状の出る病気をしっておく 素人では、うつ病と誤解しそうな症状が見られる病気があります。素人で自己判断してしまって、正しい治療を行わないと、その間に症状が悪化してしまうことも考えられます。そのため、うつ病と良く似た病気につ
非定型うつ病
非定型うつ病の特徴   うつ病のいろいろタイプに分類されますが、その中に「非定型うつ病」と呼ばれているものがあります。 20代~30代の特に女性に多いと言われているのが、この「非定型うつ病」です。 女性の発症率は、実に男性の3~5倍に
男性のうつ病
男性のうつ病の特徴 うつ病患者の男女比を比べると、男性よりも女性の患者数が多いとされています。しかし、うつ病には男女関係なく起きる病気ですから、男性もうつ病を発症する可能性があります。 そのような男性のうつ病で増加の傾向にあるのが、中高
うつ病治療薬の種類
うつ病は気分が憂うつになるだけの病気と思われがちですが、それは違います。うつ的精神状態から神経伝達のバランスがとれなくなってしまう病ですから、心身には様々な症状が出てきます。不眠などもその一つで、うつ的症状を治療するためにも多様な薬が用いら
老人性うつ病
老人性うつ病の特徴 老人性うつ病とは、言葉の通り、老人がかかるうつ病のことです。日本社会が高齢化していっているため、老人そのものの人口が増加している背景もあって、老人性うつ病は増加しています。また、日本社会が核家族化、地域社会との繋がりの
うつ病患者はどんな悩みを持つか
うつ病に限らず、病気や怪我は自分が体験してみないと実感がわかないということがあります。美味しいとか楽しいとか苦しいなどの感情も、具体的に味わってみないとわからない場合がありますよね。それと同じで、うつ病も自分がなって初めてわかることが多いの
うつ病薬の種類:SSRI
うつ病薬の種類には大きく分けて4種類あるとされていますが、その中の1つがSSRIです。この薬は新世代の抗うつ薬といわれ、選択的セロトニン再取り込み阻害薬として使われています。うつ病の原因は、脳内の神経伝達物質が正常に働いてくれなくなるからだ
うつ病の専門クリニック
うつ病を専門的に治療してくれる医療機関は、多くなってきました。従来の精神科というイメージは覆され、もっと通いやすくなっているクリニクなども増えてきています。診療内科や診療クリニックという名称であれば、少しは気も軽くなるのではないでしょうか。
うつ病薬にはどんな副作用が出る?
一般に、西洋医学で用いられる薬は化学成分から作られることが多く、そのために副作用があるのがほとんどです。副作用というのは、配合された化学成分が狙ったところでなく他の部分に作用してしまうことです。求めていた目的に薬が働いてくれたとしても、副作
うつ病薬のアステラス製薬
テレビCMでもおなじみになってきた、アステラス製薬。世界中で研究を行っている製薬会社で、病院などの医療機関に薬を提供しています。アステラス製薬では、うつ病の薬として抗うつ薬を販売しています。抗うつ薬は他社でも多くのメーカーが開発しており、現
うつ病の分類
うつ病の分類主な方法 うつ病の分類は、大きくは「原因」と「症状」の違いによって行われています。 現在の主要な分類方法としては、原因別の分類が用いられています。 この分類としては、1)内因性うつ病、2)心因性うつ病、3)身体因性うつ病な
抗うつ薬の利用
うつ病の治療をスタートしても、医師からもらった薬を飲むのをためらう人がいるかもしれません。どんな成分の薬なのかもわからなければ、不安を感じるのは当然ともいえます。しかし、病院でうつ病の治療をするとき、投薬は欠かせない医療ともなっています。う
うつ病以外の心の病
うつ病以外にも心の病はたくさんあります 心の病はうつ病以外にもたくさんあります。「心身症」「パニック障害」「強迫性障害」「社会不安障害」などがあります。このほかにもまださまざま病気があります。ここでは、この4つの病気について説明をします。
うつ病の診断
うつ病の診断はチェックシートで うつ病の診断には、いくつかの設問からなるチェックシートが使用されます。設問は毎日の精神的な気分を尋ねる項目が並んでいます。チェックシートは数種類あって、もっとも有名なのは、アメリカの精神医学会が発行している
うつ病と上手に付き合う
うつ病と上手に付き合うポイント うつ病になってしまったら、完治までには長い期間がかかる場合が多いので、上手にうつ病と付き合っていくことが重要です。また、うつ病は心の病気なので、うつ病患者の行動に誤解を感じることが考えられるので、周りの家族
うつ病と家族
うつ病患者の家族が知っておくべき重要事項について うつ病患者には家族の全員で支えてあげることが大事です。また、うつ病患者の接し方に注意する点があります。家族の方は、それらを理解しておくことが必要です。家族だけに、うつ病患者には「頑張れ」と
うつ病予防
うつ病予防対策のいろいろ うつ病患者の増加が近年言われています。うつ病は心の病ですから、予防が出来難いように思われがちですが、身体的、肉体的な病気に予防策があるのと同じように、うつ病も予防が可能と言われています。それも、決して大変なことを
うつ病の人との接し方
うつ病患者との接し方のポイント うつ病患者との接し方には、いくつかの注意すべき点があります。この注意点を理解しておかないでうつ病患者と接すると、良かれと思ってしていることが、うつ病患者の症状を悪化させる可能性もあります。 うつ病患者の身
うつ病の症状「身体面」
うつ病の身体・健康面に現れる症状 うつ病になると、その症状は精神面と身体・健康面に分かれて現れます。身体面に現れる症状は側にいる人にも比較的にわかりやすいので、その症状を知っておくとうつ病の早期発見に繋がる可能性が高まります。ここでは、睡
うつ病の症状「精神面」
うつ病の自傷行為など精神面に現れる症状 うつ病は身体面への変化よりも、むしろ精神面の変化として症状が現れる病気です。うつ病でなくても人間は精神面で不安定になります。そしてその精神面に現れる変化の強さは人によってかなり異なります。なかなか、
女性のうつ病
女性がうつ病になる時期とその理由 男性と女性では、うつ病になるリスクが異なっていると言われています。女性の方がうつ病になるリスクが高く、そして、女性の場合は、いくつかのうつ病になりやすいタイミング、引き金になる出来事があると言います。
うつ病からの復職
うつ病からの復職についての注意点 うつ病を発症したので、休職して治療を受けていた場合、うつ病の症状が回復に向かうと、復職について考え始めなめればなりません。その際、復職を焦ることなく、冷静に判断する必要があります。自分が復職できる状態にあ
うつ病休職
休職してうつ病の治療に専念する うつ病の治療の一番重要なことは、ゆっくり休息を取ることです。 うつ病には、休息が一番といわれても、無条件に休息を簡単に取れる人はなかなかいないでしょう。 特に、仕事をしている場合は、会社の都合や、自分自
仮面うつ病
仮面うつ病は治療が遅れるので注意が必要 仮面うつ病とは、言葉のとおり、仮面を被ったうつ病のことです。少し分かり難いですが、うつの初期段階には、精神的な症状である気分の落ち込みなどがあまりはっきり現れずに、頭痛、肩凝り、胃痛といった身体的な
うつ病の最大要因はストレス
うつ病の発症要因は人それぞれです。 多くの人に共通する要因には疲労とストレスがありますが、特にうつ病に影響を与えるのがストレスだと言われています。 ストレスの感じかたは、人によって大きな差があります。 ちょっとしたことを引きずる人もい
新型うつ病
新型うつ病の急増の背景 最近、従来のうつ病の症状とは異なる、新しいタイプのうつ病が話題になっています。この新型うつ病の大きな特徴は、うつ病の症状がある特定の場所においてのみ発症して、その場所を離れるとうつ病の症状がなくなって普通の生活がで
うつ病と環境変化
環境変化が原因でうつ病になることも 大きな環境変化がうつ病を発症させることがあります。人生にはいろいろな環境変化がありますが、その一つに結婚があります。結婚の準備は大変忙しく、仕事の合間に結婚式の段取りを考えたりすることはかなり、心身面に
環境変化がうつ病を促す
性格が前向きな人はうつ病になりにくいとされます。 うつ病には性格が大きく関連していますが、ほかにも環境変化も大きな要因です。 最も分かりやすい例は結婚でしょう。 結婚は想像以上に用意することが多いうえ、初めての行事ゆえの緊張もかなり大
うつ病と性格の関係
うつ病を発症しやすい性格とは 日本やドイツの精神科医がうつ病を発症しやすい人には、 その人が持っている性格が関係しているという説を発表しています。 研究では、うつ病になりやすい人の性格は、責任感が強い、物事に対して几帳面、 何事にも
うつ病を予防するポイント
ストレス過多の現代は、うつ病にかかる人が増え続けています。 精神疾患のうつ病は、自主的に防ぐことが困難なように感じますが、体の病気と同様に防げる症状です。 その方法は意外にも簡単で、ストレスをためないことです。 ストレスのたまりかたは
子供のうつ病
子供のうつ病が増加 最近は、親の意向で、子どもに過度の期待をかけるようなケースが多くなって、子どもも様々なストレスを抱えるようになったためか、子どものうつ病が増加しているとして注目を集めています。 もはや、うつ病は大人だけのもの病気では
うつ病になりやすい人の特徴
うつ病と性格の関連性の深さが唱えられています。 精神科医(日本・ドイツ)によると、うつ病のリスクの高い人の特徴は、几帳面、周囲に気配りする、 仕事・頼みごとを断れない、物事に一生懸命になる、強い責任感がある、などをあげています。 仕事
うつ病と間違われる病気
うつ病は誰もが知っている病気ですが、似たような自覚症状を伴う精神疾患は多いものです。 これらは、普通の人が判別することは困難なので、少しでも体調の変化や違和感を覚えたときは、速やかに医療施設を訪れましょう。 非常に判別が難しい症状も
うつ病の人と接するときの注意
適切な方法を知ったうえで、うつ病の人と接することが大切です。 自分ではうつ病の人によいと思っていることが、まったくの逆効果になるケースが多いのです。 しかし、自分がうつ病にかかったことがないのなら、なかなか相手の気持ちは理解できないもの
増えている子供のうつ病
うつ病と聞くと、多くの人は大人だけの症状だと感じるようです。 しかし、子供がストレスを感じないわけではありません。 親が子供の将来にこだわるあまり、勉強するように押し付けたり、遊ぶ時間を奪ったりすると、次第にストレスが強くなっていきます
非定型うつ病の概要
ここでは、「非定型うつ病」と呼ばれる症状について説明しましょう。 このうつ病は、女性(20~30代)によく見られる症状です。 男性と比較し、その発生率は3~5倍にもなるとされます。 非定型うつ病にかかる人は、昔はそれほどいませんでした
うつ病から復職する目安
うつ病で会社を休んでも、いつかは仕事を再開しなければなりません。 復職のタイミングを誤ると、仕事に復帰してから症状が再発し、再び休職を余儀なくされるケースもあります。 復職するときは、しっかりとタイミングを見計らったうえで決定する必要が
うつ病の人に対する家族の接しかた
うつ病を治すには、周囲の人たちの協力が欠かせません。 家族の協力は特に大切なので、うつ病を理解したうえで患者と接することが重要です。 誤った認識で接すると、逆効果になることを知っておきましょう。 うつ病患者への接しかたでタブーとされる
休職してうつ病を治す
確実にうつ病を治したいなら、疲労とストレスを解消するための環境が必要です。 残業時間が長かったり、ストレスがたまる仕事に従事していたりすると、うつ病になる可能性が高いと認識しましょう。 理想的なのは、仕事を休職して治療に専念することです
うつ病との付き合いかた
疲労と比べてストレスが要因の疾患はなかなか治りません。 それは、うつ病に対しても例外ではありません。 いちど発症すると、治るまでに少なくとも数か月はかかります。 その期間は、疲労やストレスを感じないように工夫しながら生活していくことに
うつ病に関する情報
うつ病は、患者本人にとっても周囲の人にとっても、医師にすら理解するのが難しい病気です。健常者との区別がつきにくい場合もあり、医師が誤診してしまうことすらよくあるのです。例えば職場などで、やる気が見られない、よく働かない人がいるとき、通常なら
うつ病における注意
うつ病になると、本人にはどうにもできないことがあります。その状況を改善するために病院で治療を受けるわけですが、ときには周囲の協力がモノをいうこともあります。現代では15人に1人がかかるとされている身近な病気ですから、明日は我が身と思ってうつ