うつ メンタルケア 禁煙治療薬を格安通販 送料無料の個人輸入代行

MENU

うつ病薬個人輸入

うつ薬個人輸入

何故うつ病に薬が効くのか、これがわからないと病院から処方された薬でも服用をためらってしまうかもしれません。うつ病には脳内にある神経伝達物質の働きに異変が生じたことが関係すると、考えられています。例えば、ノルアドレナリンという神経伝達物質は、やる気や集中力に関係しています。この物質が少なくなると、どうもやる気が出ない、飽きっぽいなどの傾向が出てきます。セロトニンは食欲や性欲、緊張などを司っている神経...

抗うつ薬の服用をスタートしても、早急な効果は期待しないようにしましょう。個人差があるのですが、最低でも2週間程は効果を待たなければなりません。けれども、副作用というのは飲み始めてすぐに出てくるので厄介です。副作用ばかりで効果がないと思いこんでしまう人もいて、効果が出ないうちに薬を中断してしまうと治療がストップしてしまいます。効果が出るまでの間は我慢のみです。抗うつ薬には様々な種類があり、効果の早さ...

自分がうつ病であるかどうか、自分でチェックすることが可能です。パーフェクトな判断は難しいかもしれませんが、一人で悩まずに自己診断できる方法も試みましょう。インターネット等で調べてみれば、自己診断が可能なチェックシートが掲載されているので、スマホやパソコンでネット検索しててください。100%確実ではありませんが、うつ病かどうかある程度は自己診断することもできるということですね。うつ病のイメージはあま...

うつ病の治療として薬物療法が基本となります。今回はうつ病と抗うつ薬の仕組みをご紹介しますね。脳内物質のノルアドレナリンは神経伝達物質で、意欲や気力・集中力ややる気などに関係しているものです。セロトニンは本能である食欲や性欲、また緊張といったものに関係しています。このノルアドレナリンとセロトニンの不足がうつ病の原因となるのだそうです。なので、抗うつ薬の投与でノルアドレナリンとセロトニンを正常な数値に...

うつ病の治療方法の種類と治療の進め方うつ病になると、治療が必要になりますが、うつ病の治療法として、主として用いられるのは、「休養」「薬物療法」「精神療法」があり、これらが組み合わされて治療は行われます。もっとも行われている主流の治療法は、「休養」と「薬物療法」が組み合わされた方法です。まずは、心のストレスの原因になっていることから離れて、忘れるために、休養し、リラックスするようにします。その上で、...

うつ病の原因はいろいろ、最大の原因はストレスうつ病を引き起こす原因は多種多様で、人によってそれが異なっています。もっとも共通してあげられる原因にはストレスがあります。ストレスは人によって受け取り方が異なっています。ある人から見ると全くストレスにならないようなことも、別の人にはストレスとなってしまいます。そして、このストレスは気が付かないうちにどんどん蓄積されていくこともあります。仕事、家庭内の問題...

うつ病の治療の1つに、抗うつ薬の投与があげられます。医学的には必要な薬と言われてはいますが、患者さんの中には薬の服用に抵抗を感じる人もいます。精神病だとか負のイメージというものが影響しています。現代医学では、抗うつ薬の目的や効果といったものは明確です。医師の処方を守ることで、安心して服用できるのです。薬の効果で脳内環境や感情をコントロールできるようになったのは事実です。精神面に直接働きかけるわけで...

ただ気分が乗らない、憂うつな状態が重くなったのが、うつ病だと考えている人がいます。しかし実際には、本人の意思ではどうにもならないコントロール不能な状況に陥ってしまうのが、うつ病というものです。周囲の人には理解しにくいかもしれませんが、身近にうつ病あるいはうつ病になりかけているのではないかと思える人がいたら、協力的に接してあげることが功を奏します。理解できないものにあたると、人はとかく触れないでおこ...

うつ病は決して本人だけが苦しむものではありません。日常生活にも支障が出ますので、支える家族や友人知人・職場にも影響が及びます。うつ病は現代病とまで呼ばれていますが、患者数は増加傾向なのでしょうか。患者数の増加の有無は、専門医でも評価が二分します。理由として、新たにうつ病と診断され、それまでもうつ病であった可能性があるという患者さんもいるからです。うつ病を発症しやすいストレス過多な環境によって、現代...

うつ病の症状や関連事項などを掲載するサイトがとても多くなりましたので、情報収集は比較的簡単である程度知識をつけることができるようになりました。しかし、うつ病患者と、ただやる気を損失している・意気消沈しているだけの人との見分けはできると思いますか?医師でない人では難しいでしょう。仮面うつ病という症状もありますが、仮面うつ病では肉体的な症状が先行するという特徴があります。肉体的な症状が先行してしまい、...

うつ病の薬は、ドラッグストアなどで気軽に購入できるわけではありません。医師の処方が必要となるため、まずは医療機関でうつ病検査を受けることになります。武田薬品のような一般によく知られた製薬会社でも、病院に卸すうつ病薬を作っています。武田薬品から出ている抗うつ薬はBrintellixといい、アメリカでも売られています。日本国内と海外での医薬品の承認手続きは別ですから、日本でも海外でも認められた抗うつ薬...

うつ病だけでなく、精神的な悩みがあればクリニックで診察を受けるのもいいでしょう。精神科はマイナスのイメージが根強いため、診察に抵抗を感じている人も多いのではないかと思います。抵抗感を薄めるために、心療クリニックという名称をつけているところも多いですよ。実態は、至って普通の病院なのです。現代病としてうつ病は多いですから、比例して病院の需要も増えています。うつ病などの治療では、カウンセリングや診察のみ...

うつ病が増加している現代でも、うつ病について間違った認識を持っている人は少なくありません。正しくうつ病を理解するというのは難しいと言えます。もちろん、うつ病の症状はあげられますが、一体普通の人とどのように異なるのでしょうか。うつ病とは違う、いわゆるやる気のない怠け癖のある人には、厳しい言葉をかけたくなるのが普通だと思います。しかし、間違ってうつ病の人に同じ言葉をかけると、大事になってしまいます。最...

うつ病に実際になってみなければ、正しい理解は得られないとも言われます。うつ病に限らずこの理論は確かに正解ですが、しかしそれではうつ病患者の周囲の人は対応に迷ってしまいますよね。ちょっとでもうつ病を正しく理解したいのであれば、患者の抱える悩みを親身になって考えることが大切でしょう。うつ病の症状としては、やる気が出ない、疲労感ばかりが増すというものがあります。周囲の人は励ましの言葉をかけたくもなります...

様々なタイプの抗うつ薬があります。うつ病の研究がどんどん進み、症状改善のための仕組みが解明されつつあるからです。SSRIというのは、新世代の抗うつ薬と呼ばれているうつ病の薬です。SSRIとは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という意味です。けれどもSSRIが具体的にどのような作用をもたらすのか、名前だけでは分かりませんね。うつ病の薬の仕組みを知るには、まず脳内の神経伝達物質の作用・働きを理解しま...

うつ病のサインを知ることは、早期発見治療につながります。近ごろでは、ネットを利用して自覚症状を知ることも可能です。ストレスが蓄積しており、倦怠感が強いようならば、いちど確認してみるのがよいでしょう。医療施設での検査を受ける場合は、多くの人が診療科に迷うようです。風邪や腹痛・骨折・歯痛などと比べ、分かりにくいと感じる人が多いようです。うつ病が疑われる場合の診療科は、精神科・心療内科・神経科・メンタル...

憂うつな気分に悩まされるだけで、うつ病というわけではありません。自分の意思では心身のコントロールがつかない状態になってしまうのが、うつ病なのです。医師でも見抜けない場合があるほど、うつ病かどうかの判断は難しいものです。例えば、過労やストレスが顕著な人がなりやすいうつ病に、仮面うつ病があります。名前も誤解を抱かれやすいのですが、この病気はやる気が出ない、集中できないなどの気持ちの問題より先に肉体的な...

うつ病の苦しみや、克服方法については人それぞれ異なってきます。医師の指示のみで完治できるわけではありませんよ。当然のことながら処方された薬は用法用量を守ってきちんと飲む必要があります。ただ、薬を処方するだけ、治療はほとんどしないというの医師も実在します。うつ病の改善方法については、体験談を聞いたりネットで読んだりすると、自分に当てはまる部分もあって役立てやすいのではないかと思います。もちろん、すべ...

うつ病は本人だけの闘いではありません。むしろ本人よりも周囲の人の協力や助けが必要です。では周囲の人は具体的にどのような対応をとるべきなのでしょうか。15人に1人という高い割合でうつ病を発症すると言われていて、現代ではとても身近な病気の1つです。けれどもうつ病の対応の仕方を正しく理解できている人はあまりいないでしょう。本人もうつ病と自覚していなケースがあるので、周囲の人も気付けないのです。うつ病と健...

大きくは2種類に分類されるうつ病の症状うつ病には、症状の現れ方、原因の違いによって、大きくは2つに分類されています。1つは「単極性うつ病」と呼ばれています。もう1つは「双極性うつ病」と呼ばれています。この2つには、うつ病の起こる原因がことなっているので、治療法もことなっています。ます、最初の「単極性うつ病」とは、うつ病の中でもっとも一般的で多くの人が、このタイプのうつ病と言われています。症状は、気...

うつ病の診療を行う医師の中にも、投薬をメインに他の治療は特にしないという人がいます。その医師にとっては薬が一番の効果があり、他の治療は意味がないと考えているのかもしれません。しかし、投薬が一番楽な治療法だからという考えの人もいるでしょう。いずれにしても、根本的なうつ病が改善するように感じられなければ、病院を変更することも考えていいかもしれません。ただ、うつ病の治療は多くの場合、数ヶ月で終了するよう...

うつ病の原因はいくつか考えられていますが、個人によって何が原因で発病しているのかは違います。また、原因とされていることが明らかにうつ病の元となっているのかどうかも、定かではないのが現状です。脳内にある神経伝達物質に因果関係があることはわかっていても、今はまだそこまでの研究段階なのです。ハッキリしているのは、一つだけの要因からうつ病が起こっているのではないということです。多くの人が、環境的要因、遺伝...

チェックシートを利用してうつ病の診断が可能です。これらのチェックは「設問」と呼ばれており、いくつかのタイプがあります。そのなかでも、「DSM(精神障害の診断と統計のマニュアル)」は、アメリカの精神医学会が手がける信頼性の高い設問です。1952年に初版が誕生し、いま用いられているタイプは「DSM-Ⅳ(第四版)」になります。以下で、その概要を紹介していきます。1 憂うつな気分が2週間以上継続している。...

うつ病と聞くと、一昔前ならば一部の人だけの症状だと思われていました。しかしストレス過多と言われる現代では、一生のうちに20%の人がうつ病になると言われています。社会情勢の問題や孤立などが関係し、今後もうつ病になる人は増加すると言われています。精神疾患であるうつ病は、精神面におけるダメージや環境の変化などによって発症します。重症になると、通常どおりに暮らすことも難しくなるため、想像以上に重大な病気だ...

疲労やストレスが引き金となるうつ病ですが、自覚症状の多くは精神疾患に近いものです。誰でも気持ちが安定しないことはありますが、精神的な強さは個人差が激しいのが現状です。ちょっとしたことで落ち込む人もいるため、どの程度の症状からうつ病と判断するかが難しいようです。うつ病によく見られる症状はマイナス感情です。これは、物事をマイナスに考える気持ちのことで、自分一人になったときに出やすいのが特徴です。例えば...

うつ病を男女比で見てみると、女性のほうが男性よりも多い傾向があります。これはホルモンバランスも関係していますが、いずれにしても男性にも頻繁に見られる症状なので軽視するのは危険です。男性のうつ病で多いパターンは、ストレスを感じやすい時期に集中しているようです。中年を過ぎると、会社でも重役に就くことが多くなり、家庭では子どもの教育費・住宅ローンなどによる負担が増すころです。そのうえ、近年の不況も関係し...

うつ病がやっかいなのは、自身で症状に気づかないことです。風邪や腹痛などは症状を感じられるため分かりますが、うつ病の場合は周囲の人が気づくことがほとんどです。自覚症状は、よく観察すれば自分でも分かるとされますが、精神疾患のため自分自身で異変に気づくのは難しいようです。自分で気づくためのポイントは、事前に発するサインを見逃さないことです。以下の項目にて、重複する箇所が多ければ、それだけうつ病のリスクが...

うつ病は精神疾患ではありますが、体に対する症状も出ます。精神的な症状と比べ、目に見えるので異変に気付きやすいのが特徴です。これらの症状を把握しておけば、うつ病を重症化させずにすむでしょう。以下で、うつ病の体に表れる症状について説明していきましょう。■睡眠障害睡眠障害のなかでは、不眠症がよくある症状です。不眠症にも種類があり、ほとんど眠られない、眠ってもすぐに目が覚める、夜中に何度もトイレに行く、熟...

「抗うつ薬」と呼ばれるうつ病の薬は、大まかに4つに分けられます。うつ病は神経伝達がスムーズにいかなくなり、体にさまざまな支障をきたす病気です。精神疾患のなかでも特に知名度が高く、多くの人たちが治療に専念しています。うつ病を治すためには、症状が重症にならないうちに適切な薬物を使用して治療に専念することです。以下で、4つの抗うつ薬について紹介していきましょう。■三環系抗うつ薬ノーマルン、アモキサン、ト...

うつ病の薬で気をつけることうつ病の薬で気をつけること

近ごろ、今までと違う種類のうつ病が増え続けているようです。新型うつ病と呼ばれる症状は、ある場面においてのみ症状が表れ、それ以外では症状とは無縁の暮らしができるものです。こうした症状は以前からありましたが、近年になって認識度が高まり、取上げられるようになったようです。新型うつ病が出やすいのは、職場が一番多いようです。仕事に行く時間になると、吐き気・嫌悪感・倦怠感・頭痛などを感じ、仕事に行きたくなくな...

不眠を感じる人には、うつ病の患者が多いというデータがあります。うつ病の自覚症状のなかでも特に多い不眠は、患者の9割が感じているそうです。不眠の症状には、眠たくても眠られない、熟睡できない、睡眠の途中で目が覚めることが多いなどがあります。疲労を感じていても眠られないのは、多くの場合においてストレスが関係しています。眠るときに不安感やストレスがあると、なかなか寝付くことが難しいものです。うつ病における...

うつ病の一種に「仮面うつ病」があります。この症状は、初期の目安として、肩こり・頭痛・胃痛などが表れます。体の不調がほとんどなので、うつ病と判断することが極めて難しい症状です。精神的な問題点もあまり見られないため、気づくのが遅くなることが多いようです。隠れうつ病とも言える症状であり、「たんに体の不調と思って見過ごしていたら、実はうつ病だった」というケースが多々あります。周囲の人から見た仮面うつ病の症...

老人に発症するうつ病に「老人性うつ病」があります。現在、平均寿命が高くなってきている背景もあり、老人の占める割合が増えてきています。核家族化や過疎化などにより、一人暮らしの老人が増えており、現在ではうつ病にかかる人の25%程度が高齢者だと言われています。孤立感や虚脱感などは、老人性うつ病の一番の要因だとされます。高齢になることで、自分と同じくらいの年代の人たちが亡くなり、寂しさや虚しさに襲われるよ...

女性は、ホルモンバランスなどの関係から、男性よりもうつ病になりやすいようです。うつ病を引き寄せる要因が多く、精神的に不安定になることも関係しているようです。この時期は、精神バランスを整える対策を実践し、ストレスをためないようにすることが大切です。以下で、女性がうつ病になりやすいタイミングをあげてみましょう。■出産後「産後うつ」とも言われるのが、出産後のうつ症状です。女性のホルモンバランスが乱れやす...

うつ病にもっとも多い症状の不眠についてうつ病の症状には様々ありますが、その中で、もっとも共通に起きている症状に不眠があります。不眠はうつ病患者のほとんどがその症状を訴えています。ある統計によるとうつ病患者の90%以上にも達するようです。さて、このように多くのうつ病患者を悩ましている不眠ですが、症状には、寝ようとして、なかなか眠れないというものや、眠りが浅くて夜中に何度も、目が覚めてしまって睡眠不足...

精神疾患といえば、うつ病が代表的ですが、ほかにも多くの症状があります。代表的なのは、パニック障害、心身症、社会不安障害、強迫性障害などです。うつ病と共通する症状が出ることも多いですが、発症要因が違っているのが特徴です。■パニック障害わけもなく急にパニック状態になる症状のことです。慢性化しやすい症状であり、たびたび発生するようになります。すると、それがストレスや恐怖感となり、パニック障害を再び引き起...

うつ病と誤解する症状の出る病気をしっておく素人では、うつ病と誤解しそうな症状が見られる病気があります。素人で自己判断してしまって、正しい治療を行わないと、その間に症状が悪化してしまうことも考えられます。そのため、うつ病と良く似た病気について、理解しておくは重要です。そして、疑わしい場合は、できるだけ早く専門医の診断を仰ぐようにしましょう。うつ病に似た病気としては、いくつかありますが、以下代表的なも...

非定型うつ病の特徴  うつ病のいろいろタイプに分類されますが、その中に「非定型うつ病」と呼ばれているものがあります。20代~30代の特に女性に多いと言われているのが、この「非定型うつ病」です。女性の発症率は、実に男性の3~5倍にも達するという程男女差のあるうつ病です。この非定型うつ病は、近年、増加しているうつ病と言われています。主な特徴は、以下の通りです。1.好きなこと、楽しいことしているときはう...

男性のうつ病の特徴うつ病患者の男女比を比べると、男性よりも女性の患者数が多いとされています。しかし、うつ病には男女関係なく起きる病気ですから、男性もうつ病を発症する可能性があります。そのような男性のうつ病で増加の傾向にあるのが、中高年の男性です。中高年男性は、社会的にも家庭内の中でも責任が重くなる時期になっています。そして、ここにきて追い討ちをかけるような経済的不況が中高年を襲って、更にうつ病の患...

うつ病は気分が憂うつになるだけの病気と思われがちですが、それは違います。うつ的精神状態から神経伝達のバランスがとれなくなってしまう病ですから、心身には様々な症状が出てきます。不眠などもその一つで、うつ的症状を治療するためにも多様な薬が用いられています。抗うつ薬として医師から処方されているのは、大きく分けて5つ。三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAがその5タイプで、それぞれ症状や重症度にあ...

老人性うつ病の特徴老人性うつ病とは、言葉の通り、老人がかかるうつ病のことです。日本社会が高齢化していっているため、老人そのものの人口が増加している背景もあって、老人性うつ病は増加しています。また、日本社会が核家族化、地域社会との繋がりの薄れなど孤立感が高まっていっています。このような状況から、老年者のうつ病は、うつ病患者全体の約1/4が老年者であると推測されています。その原因の主なものとしては、「...

うつ病に限らず、病気や怪我は自分が体験してみないと実感がわかないということがあります。美味しいとか楽しいとか苦しいなどの感情も、具体的に味わってみないとわからない場合がありますよね。それと同じで、うつ病も自分がなって初めてわかることが多いのです。今までうつ病に抱いていたイメージが、一変する人もいます。どうにもならない心身の状態に遭遇して、やっとうつ病の人の悩みを実感するのです。現代ではうつ病患者が...

うつ病薬の種類には大きく分けて4種類あるとされていますが、その中の1つがSSRIです。この薬は新世代の抗うつ薬といわれ、選択的セロトニン再取り込み阻害薬として使われています。うつ病の原因は、脳内の神経伝達物質が正常に働いてくれなくなるからだとされています。神経伝達物質の中でも、重要視されているのがセロトニンです。これをコントロールすることができれば、うつ病の症状をかなり改善することができます。では...

うつ病を専門的に治療してくれる医療機関は、多くなってきました。従来の精神科というイメージは覆され、もっと通いやすくなっているクリニクなども増えてきています。診療内科や診療クリニックという名称であれば、少しは気も軽くなるのではないでしょうか。現代病とまでいわれ、患者が急増していると見られているうつ病を扱うクリニックでも、経営は決して楽とは限りません。治療のためのカウンセリングだけでは医療報酬が不十分...

一般に、西洋医学で用いられる薬は化学成分から作られることが多く、そのために副作用があるのがほとんどです。副作用というのは、配合された化学成分が狙ったところでなく他の部分に作用してしまうことです。求めていた目的に薬が働いてくれたとしても、副作用が出るとなるとその薬を使うのを懸念してしまいます。実は、本来の目的よりも先に、副作用が出てしまうことも多いのです。うつ病の薬は、飲み始めて2週間程度が経ってや...

テレビCMでもおなじみになってきた、アステラス製薬。世界中で研究を行っている製薬会社で、病院などの医療機関に薬を提供しています。アステラス製薬では、うつ病の薬として抗うつ薬を販売しています。抗うつ薬は他社でも多くのメーカーが開発しており、現代のうつ病治療では欠かせないものとされています。ただ、いろいろな製薬会社から数多く発売されているといっても、薬はそもそも世に出るまでに長い期間を要します。ですか...

うつ病の分類主な方法うつ病の分類は、大きくは「原因」と「症状」の違いによって行われています。現在の主要な分類方法としては、原因別の分類が用いられています。この分類としては、1)内因性うつ病、2)心因性うつ病、3)身体因性うつ病などがあります。1)の内因性うつ病は、体質や、遺伝的な原因がうつ病の発症を引き起こしています。患者自身の中に発症の原因があるとして分類されています。これに分類される病名には、...

うつ病の治療をスタートしても、医師からもらった薬を飲むのをためらう人がいるかもしれません。どんな成分の薬なのかもわからなければ、不安を感じるのは当然ともいえます。しかし、病院でうつ病の治療をするとき、投薬は欠かせない医療ともなっています。うつ病は神経伝達の働きがうまくいかなくなる病気ですから、カウンセリングなどで気持ちをコントロールしようとするには限度があるのです。うつ病は心の病というだけでなく体...

うつ病以外にも心の病はたくさんあります心の病はうつ病以外にもたくさんあります。「心身症」「パニック障害」「強迫性障害」「社会不安障害」などがあります。このほかにもまださまざま病気があります。ここでは、この4つの病気について説明をします。尚、症状が一部分では、うつ病と似ているところもありますが、発症の原因が異なりますから治療は区別して行われます。最初に、「心身症」ですが、この病気は、うつ病と同じよう...

うつ病の診断はチェックシートでうつ病の診断には、いくつかの設問からなるチェックシートが使用されます。設問は毎日の精神的な気分を尋ねる項目が並んでいます。チェックシートは数種類あって、もっとも有名なのは、アメリカの精神医学会が発行している精神障害の診断と統計のマニュアルである「DSM」です。初版は1952年で、その後、改版が重ねられ、現在は第四版「DSM-Ⅳ」となっています。設問には、以下のような内...

うつ病と上手に付き合うポイントうつ病になってしまったら、完治までには長い期間がかかる場合が多いので、上手にうつ病と付き合っていくことが重要です。また、うつ病は心の病気なので、うつ病患者の行動に誤解を感じることが考えられるので、周りの家族やその他の人にとってはうつ病がどのような病気を理解して、うつ病患者と一緒にうつ病と上手に付き合うようにする必要があります。うつ病は、取るに足らない些細なことがきっか...

うつ病患者の家族が知っておくべき重要事項についてうつ病患者には家族の全員で支えてあげることが大事です。また、うつ病患者の接し方に注意する点があります。家族の方は、それらを理解しておくことが必要です。家族だけに、うつ病患者には「頑張れ」とどうしても言いたくなりますが、うつ病患者には、この言葉は禁句です。むしろ、「励まさない」ことに徹しないといけません。うつ病患者は周りが考えている以上に、本人は必死に...

うつ病予防対策のいろいろうつ病患者の増加が近年言われています。うつ病は心の病ですから、予防が出来難いように思われがちですが、身体的、肉体的な病気に予防策があるのと同じように、うつ病も予防が可能と言われています。それも、決して大変なことをして予防するのではなく、本当に些細なことを行うだけで予防ができるようです。うつ病を発症するもっとも大きな原因は過度のストレスが引き起こすといわれています。したがって...

うつ病患者との接し方のポイントうつ病患者との接し方には、いくつかの注意すべき点があります。この注意点を理解しておかないでうつ病患者と接すると、良かれと思ってしていることが、うつ病患者の症状を悪化させる可能性もあります。うつ病患者の身になって、そのうつ病患者が苦痛と感じている身体的、精神的症状がどんなことなのかを理解することなのですが、なかなかうつ病患者と同じレベルになることは難しいと思われます。そ...

うつ病の身体・健康面に現れる症状うつ病になると、その症状は精神面と身体・健康面に分かれて現れます。身体面に現れる症状は側にいる人にも比較的にわかりやすいので、その症状を知っておくとうつ病の早期発見に繋がる可能性が高まります。ここでは、睡眠、痛み、食欲、目、耳に現れる顕著な症状について説明します。うつ病の患者の多くは、睡眠に異常なパターンが現れます。睡眠障害には、「眠れない(不眠)」と「眠り過ぎ」の...

うつ病の自傷行為など精神面に現れる症状うつ病は身体面への変化よりも、むしろ精神面の変化として症状が現れる病気です。うつ病でなくても人間は精神面で不安定になります。そしてその精神面に現れる変化の強さは人によってかなり異なります。なかなか、うつ病との明確な差は言うことができません。うつ病がかなり進み、重い症状にならないと、一般的な気分の落ち込みと明確に異なっていません。うつ病の精神面に現れる症状として...

女性がうつ病になる時期とその理由男性と女性では、うつ病になるリスクが異なっていると言われています。女性の方がうつ病になるリスクが高く、そして、女性の場合は、いくつかのうつ病になりやすいタイミング、引き金になる出来事があると言います。1つ目は、「出産後」で、「産後うつ」とも呼ばれています。最近、この言葉をよく耳にするようになってきています。その原因は、妊娠中と出産後で女性の体に起きるホルモン分泌のバ...

うつ病からの復職についての注意点うつ病を発症したので、休職して治療を受けていた場合、うつ病の症状が回復に向かうと、復職について考え始めなめればなりません。その際、復職を焦ることなく、冷静に判断する必要があります。自分が復職できる状態にあるのかを見極めることが大事です。通常は、以下のような症状が見られる、感じられるようになれば復職を検討しても良いと言われています。・気分の落ち込みがなくなって気分がす...

休職してうつ病の治療に専念するうつ病の治療の一番重要なことは、ゆっくり休息を取ることです。うつ病には、休息が一番といわれても、無条件に休息を簡単に取れる人はなかなかいないでしょう。特に、仕事をしている場合は、会社の都合や、自分自身の立場を考えると、そう簡単に仕事を休むことはできないのが普通です。しかし、早くうつ病を治すうつ病の特効薬は十分な休養・静養ということができます。うつ病を早期に完治させたい...

仮面うつ病は治療が遅れるので注意が必要仮面うつ病とは、言葉のとおり、仮面を被ったうつ病のことです。少し分かり難いですが、うつの初期段階には、精神的な症状である気分の落ち込みなどがあまりはっきり現れずに、頭痛、肩凝り、胃痛といった身体的な症状が現れることがあります。この状態は、身体的な症状の背後に、うつ病が隠れている、またうつ病が身体的な症状という仮面をかぶっているという意味で「仮面うつ病」と呼ばれ...

うつ病の発症要因は人それぞれです。多くの人に共通する要因には疲労とストレスがありますが、特にうつ病に影響を与えるのがストレスだと言われています。ストレスの感じかたは、人によって大きな差があります。ちょっとしたことを引きずる人もいれば、まったく気にしない人もいます。人によっては、相当なストレスに感じることですら、本人はそれほどでもないと感じていることもあります。ストレスの要因は、仕事、人間関係、家族...

新型うつ病の急増の背景最近、従来のうつ病の症状とは異なる、新しいタイプのうつ病が話題になっています。この新型うつ病の大きな特徴は、うつ病の症状がある特定の場所においてのみ発症して、その場所を離れるとうつ病の症状がなくなって普通の生活ができてしまうということです。症状が現れる場所として、もっとも多いのが、勤務先の職場と言われています。会社に出勤しようとすると、嫌悪感、吐き気、頭痛、倦怠感がひどくなっ...

環境変化が原因でうつ病になることも大きな環境変化がうつ病を発症させることがあります。人生にはいろいろな環境変化がありますが、その一つに結婚があります。結婚の準備は大変忙しく、仕事の合間に結婚式の段取りを考えたりすることはかなり、心身面に負担をかけます。このように楽しい、希望に満ちたことであってもうつ病の発症の原因となることもあるようです。また、新入学、新社会人として出発も新しい学校や新しい職場など...

性格が前向きな人はうつ病になりにくいとされます。うつ病には性格が大きく関連していますが、ほかにも環境変化も大きな要因です。最も分かりやすい例は結婚でしょう。結婚は想像以上に用意することが多いうえ、初めての行事ゆえの緊張もかなり大きいはずです。楽しさ・期待感などが大きい反面、不安やストレスも相当にたまるものです。また、新しく入学したり、就職したりする場合も、うつ病になりやすいタイミングだと言われてい...

うつ病を発症しやすい性格とは日本やドイツの精神科医がうつ病を発症しやすい人には、その人が持っている性格が関係しているという説を発表しています。研究では、うつ病になりやすい人の性格は、責任感が強い、物事に対して几帳面、何事にも手を抜かないで一生懸命取り組む、周りに配慮をする、仕事や用事を断らないなどの特徴が見られたということです。まじめで責任感があるので、周囲の人から信頼をされ、好まれている人です。...

ストレス過多の現代は、うつ病にかかる人が増え続けています。精神疾患のうつ病は、自主的に防ぐことが困難なように感じますが、体の病気と同様に防げる症状です。その方法は意外にも簡単で、ストレスをためないことです。ストレスのたまりかたは人によって異なります。仕事での失敗を引きずらない人と、いつまでも引きずる人がいます。両者の場合、引きずる人のリスクのほうが高いと考えてよいでしょう。物事を悪い方向に考える人...

子供のうつ病が増加最近は、親の意向で、子どもに過度の期待をかけるようなケースが多くなって、子どもも様々なストレスを抱えるようになったためか、子どものうつ病が増加しているとして注目を集めています。もはや、うつ病は大人だけのもの病気ではなくなっています。うつ病はこころの病気ですが、子供の場合のうつ病は、大人の場合とは異なって、うつ病の症状の現れ方は、体の不調、変調が起きます。「お腹が痛い」「頭が痛い」...

うつ病と性格の関連性の深さが唱えられています。精神科医(日本・ドイツ)によると、うつ病のリスクの高い人の特徴は、几帳面、周囲に気配りする、仕事・頼みごとを断れない、物事に一生懸命になる、強い責任感がある、などをあげています。仕事での頑張りが評価され、周りからも信用されるタイプです。また、温厚そうな性格も手伝い、嫌われることも少ないですが、それだけ自分自身に無理をかけているようです。無理をすることで...

うつ病は誰もが知っている病気ですが、似たような自覚症状を伴う精神疾患は多いものです。これらは、普通の人が判別することは困難なので、少しでも体調の変化や違和感を覚えたときは、速やかに医療施設を訪れましょう。非常に判別が難しい症状もあり、医師でも正確に判断できないことがあるため、症状が重度の場合は、大規模な病院を訪れるのが無難でしょう。■甲状腺疾患甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などは、たびたびうつ...

適切な方法を知ったうえで、うつ病の人と接することが大切です。自分ではうつ病の人によいと思っていることが、まったくの逆効果になるケースが多いのです。しかし、自分がうつ病にかかったことがないのなら、なかなか相手の気持ちは理解できないものです。そのため、事前にうつ病の人との接しかたを知り、相手を追い詰めないようにする必要があります。■うつ病の人に対して避けるべきこと・励まさないこと頑張れなどと励ますこと...

うつ病と聞くと、多くの人は大人だけの症状だと感じるようです。しかし、子供がストレスを感じないわけではありません。親が子供の将来にこだわるあまり、勉強するように押し付けたり、遊ぶ時間を奪ったりすると、次第にストレスが強くなっていきます。こうした親が多くなったためか、子供のうつ病は確実に増えていると言われています。大人のうつ病と比べ、子供の場合は体調として表れやすいようです。腹痛・頭痛・だるさ、などを...

ここでは、「非定型うつ病」と呼ばれる症状について説明しましょう。このうつ病は、女性(20~30代)によく見られる症状です。男性と比較し、その発生率は3~5倍にもなるとされます。非定型うつ病にかかる人は、昔はそれほどいませんでしたが、最近では少しずつ増えているようです。■非定型うつ病の特徴1 自分の趣味などを楽しんでいるときは症状が出ないうつ病といえば、不安感を常に感じるのが普通ですが、非定型の場合...

うつ病で会社を休んでも、いつかは仕事を再開しなければなりません。復職のタイミングを誤ると、仕事に復帰してから症状が再発し、再び休職を余儀なくされるケースもあります。復職するときは、しっかりとタイミングを見計らったうえで決定する必要があります。■復職の目安とは・気持ちが安定して不安を感じることが少なくなった・昼間に普通に活動できるようになった・スタミナがついてきた・仕事に復帰したいと思うようになった...

うつ病を治すには、周囲の人たちの協力が欠かせません。家族の協力は特に大切なので、うつ病を理解したうえで患者と接することが重要です。誤った認識で接すると、逆効果になることを知っておきましょう。うつ病患者への接しかたでタブーとされるのは、相手を励ますことです。「頑張れ」という言葉は、相手のためになるように感じますが、まったくの逆効果となります。もともと、うつ病になる人は頑張り屋が多いのです。人からの頼...

確実にうつ病を治したいなら、疲労とストレスを解消するための環境が必要です。残業時間が長かったり、ストレスがたまる仕事に従事していたりすると、うつ病になる可能性が高いと認識しましょう。理想的なのは、仕事を休職して治療に専念することです。軽度のうつ病ならば、自宅でゆっくり休むだけで治ることが多いのです。ほとんどの会社は、休職することに抵抗を示すでしょうが、そのまま放置しておいて症状がよくなるケースは少...

疲労と比べてストレスが要因の疾患はなかなか治りません。それは、うつ病に対しても例外ではありません。いちど発症すると、治るまでに少なくとも数か月はかかります。その期間は、疲労やストレスを感じないように工夫しながら生活していくことになります。うつ病の早期治療のためには、うつ病の症状を認知してもらうことが大切です。うつ病にかかる人は、人口の2割程度だとされるため、あとの8割の人は症状をよく知りません。自...

うつ病は、患者本人にとっても周囲の人にとっても、医師にすら理解するのが難しい病気です。健常者との区別がつきにくい場合もあり、医師が誤診してしまうことすらよくあるのです。例えば職場などで、やる気が見られない、よく働かない人がいるとき、通常なら同僚や上司などが注意をするでしょう。もしも問題の人がうつ病だった、あるいはうつ病になりかけていた場合、その注意が決定的な病気の悪化を招いてしまうこともあります。...

うつ病になると、本人にはどうにもできないことがあります。その状況を改善するために病院で治療を受けるわけですが、ときには周囲の協力がモノをいうこともあります。現代では15人に1人がかかるとされている身近な病気ですから、明日は我が身と思ってうつ病の人には正しい対処を心がけるようにしましょう。そのためには、きちんとした知識と理解が必要です。うつ病の人は、本人自身も自覚していない場合があります。また周囲を...